ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. バックアップの効率化
  7. Oracleデータベース超圧縮バックアップ
ここから本文です。

Oracleデータベース超圧縮バックアップ   [iStorage ストレージ]

データ圧縮により、バックアップ時間短縮・設備費用の削減をしたい

導入前の課題

  • データ容量増大に合わせて、バックアップ運用の見直し、機器増設の費用が発生。
  • バックアップが時間内に終わらない。
  • 異種OSによる管理の問題。

性能を犠牲にせず、バックアップ時間短縮、容量削減、コスト削減する効率的なバックアップは無いか。

解決策と効果

三つの技術を使うことによって解決します。

  • Oracleオプション(Oracle Advanved Compression)
  • Recovery Manager (RMAN)
  • iStorage HSシリーズの重複排除技術

効果

  • バックアップ時間が短縮されます。短縮した時間内でデータの遠地保管が容易に可能です。
  • Oracleオプションにより、データベースの容量を削減します。
  • データベースのサイズが小さくなることでパフォーマンスが向上します。
  • バックアップサーバが不要になります。
  • 容量を気にせずバックアップ世代の追加が出来ます。
  • ディスクバックアップにすることにより、バックアップ運用コスト削減、リストア時間の短縮が出来ます。

ホワイトペーパー

「データベース超圧縮バックアップソリューション」組合せメリットをユーザ環境で徹底検証

会員登録(無料)が必要です。

構成例

【画像】Oracleオプション(Oracle Advanved Compression)とiStorage HSシリーズを組み合わせることにより解決

ページの先頭へ戻る