ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 導入事例
ここから本文です。

事例紹介   [iStorage ストレージ]

iStorageの構築事例

お客様の課題を解決するiStorage構築事例をご紹介します。

自治体情報システム強靭性向上への対策として、ストレージソフトウェアによる仮想化基盤の強化と運用効率の向上を実現

基幹システムにフラッシュストレージを導入し、月次バッチを高速化。ピーク時のレスポンスも改善

サーバからクライアント端末までオールフラッシュ(SSD)化。超高速かつ堅牢な電子カルテシステムを構築し、診療現場での活用を視野に入れたビッグデータ基盤へ

「専門知識不要で、容易に運用できる安心感」が決め手となり、クラウドサービスのIT基盤に「iStorage M110」を導入

データ処理をiStorage側の機能で実現することで、サーバリソースは業務処理のみにフル活用。より安定したサービス基盤を構築

NEC Oracle Database高速化ソリューション「NEODB」を導入し、 17時間以上要していた営業情報の月次処理を2時間半に短縮
(NEODBは、最新のCPU・メモリを搭載したNECの「Express5800シリーズ」「iStorage Mシリーズ」に、Oracle Databaseのインメモリ技術およびデータ圧縮技術などを連携させたソリューション)

全社標準となるバックアップ共通基盤をiStorage HSを使い構築
UNIXサーバや将来の仮想化共通基盤上の業務も対象に

セキュリティ基準認証取得を確実に支援
ログデータを安全な状態で保存するアーカイブストレージ

テープバックアップでの煩雑な運用を廃止し約30%のTCO削減をめざす
BCP対応も含めたデータの保全性の改善、体制を構築

iStorage HS遠隔バックアップサービスとオプションメニューの利用で、甚大な災害時の迅速なシステム復旧体制を構築。

性能と安定性が決め手。
パブリッククラウドの基盤となるストレージに「iStorage M300」を導入

メールシステム・グループウェアを刷新し、データセンターで集中管理
グループ一体経営の推進とTCO削減を実現

仮想化に最適なストレージで、お客様の様々なニーズに合った検証済みシステムを提供。

CRM/DWHの刷新と情報系システムの仮想化で、より高度な顧客サービス提供に向けた情報基盤を実現。

基幹となる住民情報システムを含んだシステム群をVMware vSphereで仮想化。遠隔バックアップを活用したBCP基盤の構築も同時に実現。

HS遠隔バックアップサービスを利用し、業務システムの重要データを迅速に復旧できる体制を構築。

HSシリーズと遠隔バックアップサービスを利用し、大規模災害を想定したBCP強化に成功。安全に、低コストで、基幹データをiDCに転送。

クラウドサービス向けにバックアップとアーカイブを最適化し、56%のストレージ容量を削減。

Hyper-Vで庁内サーバ約400台を統合最大37%、平均24%の年間ITコスト削減を見込む。
[災害時のデータ保全および事業継続対策として「iStorage HSシリーズ」によるデータセンタへの遠隔バックアップを導入。]

障害や災害発生時の事業継続性強化を目指して、医療データの遠隔バックアップをiStorage HSシリーズにより実現。

情報系サーバをHyper-Vで仮想化。さらに重複排除ストレージ(HS)を導入。節電と災害対策強化の基盤整備を同時に実現。

Hyper-V、SIGMABLADE-M、iStorage D1により、全社の情報系サーバを仮想化。電気料金の600万円削減効果を実現。

2万6,000台規模の仮想PC型シンクライアントシステムが全面稼働。セキュリティ強化に加え、共用仮想PC方式による運用の効率化で、さらなるコスト削減を実現。

複数部門に分散していたファイルサーバを統合。バックアップ運用の省力化と業務継続性の向上を実現。

iStorage HSだから出来たテープ運用の完全代替。「重複排除」「WORM」機能でバックアップシステムを統合し、テープバックアップの課題を一掃。

700台のクライアントを仮想化し、1000人の職員が共同利用。過剰なPCを削減し、IT資産を適正化。

基幹系と情報系サーバをVMware vSphere 4 で一気に仮想化。電気料金請求額が直ちに13%削減!いきなりの投資効果を体感!

SQL Server 2008を採用しBI/DWHを刷新。分析軸の多様化とレスポンスの向上を実現し、海外市場を視野に入れた経営分析ツールとして活用。

Express5800とHyper-Vで情報系サーバを仮想化。省コスト・省エネに加え、システムの柔軟性を大きく向上。

「どこでもオフィス」の実現で業務効率を格段に向上。470台の仮想PC型シンクライアントが成功の鍵に。

重複排除技術を搭載したiStorage HSや仮想化ソフトのVMwareを基盤に、サーバ統合、バックアップ統合を実施し、TCO40%以上の削減、運用工数削減、災害対策強化を実現。

画像診断支援システムの信頼性向上をNECのftサーバ+iStorageで実現。年間約8万件の検査データを確実に処理。

様々な個別システムの機能を統合し、業務効率向上とお客様満足度向上を実現する「営業店統合フロントシステム」。

iStorage HSシリーズの「重複排除」で、激増するデータを低コストでバックアップ。

福岡市では、行政システムのサーバ基盤を、仮想化技術を用いて統合しました。すでに14システムの移行を完了。平成21年度中には、さらに19システムを移行する予定です。

ページの先頭へ戻る