ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. 通信事業者向け製品
  5. UNIVERGE IP8800シリーズ
  6. 製品ラインナップ
  7. IP8800/S2100
  8. 諸元
ここから本文です。

IP8800/S2100 諸元

コンパクト・ギガビットレイヤ2スイッチ

IP8800/S2100

製品名 IP8800/S2130-24T IP8800/S2130-24P
スイッチング容量 56Gbps 56Gbps
転送性能 41.6Mpps 41.6Mpps
インタフェース 10/100/1000 BASE-T PoEなし 24
PoE/PoE Plus 24*1
1000BASE-X(SFP)*2 4 4
レイヤ2
機能
最大MACエントリ数 16,384
VLAN VLAN数 256
  Tag-VLAN(IEEE802.1Q)、ポートVLAN、プロトコルVLAN、MAC VLAN
VLAN拡張機能
スパニングツリー
プロトコル
(STP)
  STP(IEEE802.1D)、RSTP(IEEE802.1w)、PVST+、MSTP(IEEE802.1s)
STP共通機能 BPDUフィルタ、ルートガード、ループガード、PortFast(エッジポート)
マルチキャスト連携 IGMP(v1/v2) snooping、MLD(v1/v2) snooping
その他 L2ループ検知機能、ストームコントロール、UDLD(IEEE802.3ah)、CFM(IEEE802.1ag)
ネットワーク
機能
QoS フロー検出 L2/IPv4/L4
帯域監視
マーキング DSCP、ユーザ優先度
優先制御 フローベース、ユーザ優先度マップ
廃棄制御
シェーピング ポート帯域制御、完全優先制御(PQ)、その他スケジューリング(PQ+WRR、WRR、WFQ)
その他 Diff-serv、IEEE802.1p
セキュリティ機能 フィルタリング(L2/IPv4/L4)、IEEE802.1X認証、MAC認証、マルチステップ認証、
DHCP snooping、ポート間中継遮断機能、特定端末へのWeb通信不可表示機能
高信頼化機能 リンクアグリゲーション(IEEE802.3ad)、GSRP aware、アップリンク・リダンダント機能
ネットワーク管理 SNMPv1/v2c、MIB-II、IP Forwarding MIB、Interface MIB、RMON、LLDP、ポートミラーリング
運用・保守 コマンドレス保守機能(SDカード)、RADIUS、SSH、syslog、ping、
traceroute、telnet、ftp、NTP、温度ログ機能
エアフロー ファンレス
省電力機能 スタティック省電力機能 ポート電力供給OFF
ダイナミック省電力機能 ポート電力供給OFF(スケジューリング)、未使用ポート省電力*3、LED輝度制御機能*4
電源条件 定格入力電圧 AC100~120/200~240V
変動範囲 AC90~132/180~264V
最大消費電力(最大入力電流) 33W(0.7@100V / 0.4A@200V) 500W(5.4A@100V / 2.9A@200V)
省エネ法
表示事項*5
エネルギー消費効率[W/(Gbit/s)]*6 A区分 1.0 A区分 1.4
最大実効伝送速度[Gbit/s]*7 28.0 28.0
測定時
ポート速度と
ポート数
100Mbit/s 0 0
1Gbit/s 28 28
10Gbit/s 0 0
省エネルギー基準達成率*8 220% 207%
PoE最大供給電力[W] 370.0*1
環境条件 温度0~45℃、
湿度10~90%(非結露)
温度0~50℃、
湿度10~90%(非結露)
外形寸法(W×D×H)mm 297×150×43(1U) 297×200×43(1U)
質量(本体のみ) 1.4kg 2.2kg

*1:PoE(IEEE802.3af)、PoE Plus(IEEE802.3at)。給電方式はAlternative A(シグナルペア)方式。受電装置の電力クラスがClass 4(30.0W)の場合は,装置全体で給電可能なポート数は最大で12ポートになります。
*2:SFPスロットは1000BASE-SX/LX/BX/LHに対応。1000BASE-BXはBX10-U、BX10-D、BX40-U、BX40-Dの4種類をサポート。
*3:SFPスロットは、ポート閉塞によるポート省電力のみサポートします。
*4:点灯/消灯のみサポートします。省電力輝度は未サポートです。
*5:省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)に基づく表示事項。
*6:エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める測定方法により測定された最大実効伝送速度で除したもの。
*7:省エネ法で定める測定方法により測定されたフレーム長が1518バイトの時における1秒間の出力フレーム数×1フレームのビット数の総和。
*8:達成率 = トップランナー基準÷エネルギー消費効率×100(小数点以下切り捨て)

ページの先頭へ戻る