ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InterSec
  4. LB(ロードバランサ)
  5. 特長/機能
ここから本文です。

InterSec/LB - 特長/機能

Webサーバなどへのアクセスを効果的に分散制御して負担を軽減します。ネットワーク負荷、CPU負荷、静的重み付け分散方式に対応しています。

機能一覧

LoadBalancer SW Ver3.0搭載

L4負荷分散(MAT方式(ダイレクトレスポンス)、NAT方式(オプション))

L7負荷分散

分散アルゴリズム(ラウンドロビン、最少コネクション、静的重み付け、CPU負荷による重み付け)

分散先の固定化機能(ソースIP、URL、Cookie(オプション)など)

分散ノードのヘルスチェック(Ping、TCPポート、HTTP、HA/JVMSaver)

SSLアクセラレータ(オプション)

WebOTX Application Severをはじめとしたソフトウェアの負荷分散実績多数あり。

Sorry Server(※L7負荷分散時のみ)

ネットワーク型 InfoCage SiteShellに対応

優れたコストパフォーマンスを実現

お使いのWebサーバ、アプリケーションサーバなどのアクセス、CPU負荷分散、死活監視といったロードバランサとして必要な機能を優れたコストパフォーマンスでご提供します。

複数サーバ間の負荷分散

複数台のサーバ(Webサーバ、アプリケーションサーバなど)のアクセス負荷分散、死活監視を実施します。更にCPU負荷による分散制御機能(※)を提供し、スループットや信頼性を向上します。

※対象OS:Windows 2008/2012/2012R2、Linux

フェイルオーバ機能を標準搭載(※)

システムの障害を監視し、障害発生時には健全なサーバーに業務を引継ぎ、高可用性を実現する「CLUSTERPRO X」をプリインストールしています。

※2台構成時

HA/JVMSaver連携 分散ノードヘルスチェック機能

アプリケーションサーバの分散ノードについて、標準機能のヘルスチェックに加えて、別途、CLUSTERPRO X HA/JVMSaver をアプリケーションサーバに導入することで、Javaヒープの枯渇やシステムスローダウン状態を早期に検出します。障害発生前にあらかじめ自動で予防措置を行うことができます。

【画像】HA/JVMSaver連携 分散ノードヘルスチェック機能

よりセキュアな通信を実現するSSLアクセラレータ機能(オプション)

通常はWebサーバ毎に行う必要のある、秘密鍵・証明書署名要求の作成、証明書登録などの作業がInterSecVM/LBのManagement Console(Web管理コンソール)上で一括して実施できます。

管理者負担やWebサーバの処理負荷を抑えつつ、高信頼のSSL環境を管理できます。

【画像】第三者による、盗聴・なりすましなどを防止

SSLを使用していても、URL・Cookie(オプション)による固定化をご利用いただけます。

【画像】前回アクセスしたサーバ情報をCookieから読み取る

MAT対応(ダイレクトレスポンス)

応答性能を重視した MAT(MAC Address Translation)方式の負荷分散機能を搭載しています。分散ノードからのレスポンスはLBを経由せずに直接クライアントへ返すことで、スループットを向上します。

【画像】NAT(ネットワークアドレス変換)イメージ「分散ノード(負荷分散対象サーバ)に、ループバックアダプタなどの追加設定が不要」

NAT対応(L4負荷分散オプション追加)

標準機能の MAT(ダイレクトレスポンス)に加えて、NATにも対応しています。

【画像】NAT(ネットワークアドレス変換)イメージ「分散ノード(負荷分散対象サーバ)に、ループバックアダプタなどの追加設定が不要」

Sorry Server機能(※)

分散先ノードのメンテナンス時などに代理応答画面の表示が可能です。

代理応答画面は編集可能です。

※L7負荷分散時のみ

【画像】SorryServer機能


ページの先頭へ戻る