ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoFrame
  4. InfoFrame Dr.Sum EA
  5. Webセミナー
  6. Webセミナー4
ここから本文です。

InfoFrame Dr.Sum EA - Webセミナー

ケーススタディでわかる!
InfoFrame Dr.Sum EA」の導入効果!

読みどころ!
読んで納得!企業の経営課題にも貢献する「InfoFrame Dr.Sum EA」ケーススタディ

BIツール「InfoFrame Dr.Sum EA」の優秀さに興味をそそられた常務は、導入したら具体的にどのような成果が上がるのかを知りたがっています。

そこで3人は、「InfoFrame Dr.Sum EA」を導入している企業をケーススタディとして紹介することにしました。

果たして、常務は「InfoFrame Dr.Sum EA」の導入を許可するでしょうか!?

効果に納得。
ケーススタディで導入イメージをつかもう!

イトウ部長 では常務。まずは、現場担当者がみずから、顧客のデータ活用を成功させた例をご覧ください

ケーススタディ1 顧客データを分析し、営業に活用。サービス業・A社の例

事例の概略

旅行商品を販売するサービス業のA社は、「InfoFrame Dr.Sum EA」の導入によって、営業担当者も分析レポートをまとめられるようになり、ダイレクトメールの送付や広告展開など営業活動や企画立案に顧客データを有効活用できるようになりました。

問題・課題
顧客データを広告や商品開発に活用したいが、データ抽出に多大な時間がかかっていた。
顧客データ分析を行うとシステムのパフォーマンスが落ち、本来の業務に差し障りが生じていた。
営業担当者みずから顧客データ分析を行い、ダイレクトメール送付など営業活動に活かせるようにしたかった。

「InfoFrame Dr.Sum EA」で解決
数時間かかっていた顧客データの抽出が数秒で完了するようになった。
操作が直観的で平易なので、短期間の講習で営業担当者みずから分析レポートを作成できるようになった。
現場レベルで顧客データをさまざまな切り口から分析し、活用できるようになった。

顧客データの活用で・・・効果的なダイレクトメール送付・広告展開を実現できました。顧客満足度の高い商品の企画立案が可能になりました!担当者でも使いこなせるのか。平易な操作性は大きな魅力だな!

イトウ部長 次に膨大なデータの活用に成功した例をご覧ください

ケーススタディ2 最大2億円のデータを高速分析。製造業・B社の例

事例の概略

B社は、グループ企業を抱える大手製造業。膨大な製品出荷データや財務会計データを迅速に検索・抽出するため、「InfoFrame Dr.Sum EA」を導入しました。

問題・課題
出荷製品データの抽出が難しく、検索に時間がかかっていた。
グループ各社の財務会計データを迅速かつ容易に把握したいという要望があがっていた。

「InfoFrame Dr.Sum EA」で解決
グループ各社あわせて3000万件という膨大な製品出荷データから、目的のデータを瞬時かつ自在に抽出し、Excel上に展開できるようになった。
グループ各社あわせて2億件という財務会計データを活用できるようになり、監査時の会計データ提出も短時間でスムーズに作成できた。

高いトレーサビリティが実現できました!これがなかったら残業ばかりだと考えるとおそろしいです。なるほど、これなら我が社のデータ量にもラクラク対応できるな

イトウ部長 最後に、経営データの可視化に成功した例をご覧ください

ケーススタディ3 経営データをリアルタイムに可視化。不動産業・C社の例

事例の概略

多くの物件を扱う不動産業のC社。「InfoFrame Dr.Sum EA」によって、部門ごとに管理していた経営データを、横断的かつリアルタイムに抽出・分析・可視化できるようになりました。

問題・課題
売上進捗などの経営データを部門ごとに集計していたため、 経営判断に必要となる全社的なデータ収集が非能率的だった。
日々更新される経営データを関係者がリアルタイムに 把握できるようにしたかった。
紙ベースでやり取りされていた情報をPC画面上で簡単に 確認できる仕組みがほしかった。

「InfoFrame Dr.Sum EA」で解決
各部門から生データをリアルタイムで高速抽出し、必要な 指示をダッシュボード画面に表示。「今」の経営データを全社横断的に可視化することが可能になった。
 紙ではなくPC画面上にデータを展開することで、自在なドリルダウンなど多角的な分析がその場で可能になり、問題の原因究明が容易になった。
経営層、管理者層、現場の担当者、それぞれが必要なデータをいつでも閲覧できるようになった。

生データに基づく 迅速な経営判断が可能になりました!経営データの共有化が、現場の自主性向上に貢献しています!リアルタイムな 経営データ把握は我が社の課題でもある。素晴らしい!

タカハシさん いかがですか、常務!
常務 うむ、たしかに他社で大きな効果を発揮していることには納得した。
最後に、本当に我が社でも使いこなせるのかを、確かめたい。
もう一度、簡潔に『InfoFrame Dr.Sum EA』について説明してくれないか

ケーススタディで「InfoFrame Dr.Sum EA」が気になったなら・・・・・・製品情報のまとめ&更なる「InfoFrame Dr.Sum EA」の魅力をチェック!

BIツール「InfoFrame Dr.Sum EA」コンテンツ一覧 気になるページからチェック!

ダウンロード

InfoFrame Dr.Sum EA のご紹介
データ活用・情報分析ソフトウェア「InfoFrame Dr.Sum EA」をご紹介します。

顧客優良化のための基本作法
情報分析のためにBIツールを選定するにあたり、企業内に分析対象となる『情報の把握』と分析を行うための『判断基準(ルール化)』について、ご紹介します。

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る