ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoFrame
  4. InfoFrame DataCoordinator
ここから本文です。

InfoFrame DataCoordinator

データ連携・統合

多様なデータ連携を実現

近年、メインフレームだけでなくオープンプラットフォームでの基幹システムも増加しています。基幹システムのデータの有効活用や、保守コスト削減を目的としたデータ統合の際に、オープンプラットフォームのサーバ間の異なったデータベースを対象とした連携が必要となってきます。DataCoordinatorはこのようなニーズに対応すべく、異種プラットフォームの異種データベース間の、データのレプリケーションを中心とした連携を実現します。既存のシステムに本製品を導入するだけで、多様なデータ連携・データ活用が実現可能になります。

異種プラットフォームの異種DB間のスムーズな連携を実現する製品、それが
InfoFrame DataCoordinatorです。

基幹データの活用

異種DB統合

DBディザスタリカバリ

移行ツール

データ連携の課題
[技術] 難しい異種データベース間の連携
  • 属性の差異
  • 異なる係数
  • DBアクセス方法の差異
[コスト] 連携アプリケーションの独自作成は、開発、管理、運用工数が大きく高コスト
[時間] 分散したデータベースを1つのデータベースへ統合する場合、既存アプリケーションの修正が必要となり、既存業務を停止する必要も・・・

DataCoordinatorが解決します!

価格:98万円~!
詳しくはお問い合わせください。

最新情報

RSS

最新情報一覧

ページの先頭へ戻る