Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

InfoFrame DataBooster Lite - RDBインポート

従来はRDBからCSV形式に出力した後それをインポートするという手順であったのに対し、 V1.2ではRDBから直接データをインポートすることが可能になりました。
現場業務に必要な情報の公開/入手に掛かる手間を削減し、より鮮度の高い情報を効率的に活用できます。
データの抽出にはODBC接続を利用することで、幅広いデータベース製品からのインポートに対応します。

RDBインポートイメージ図

インポート手順

  1. メニューを選択
    ファイル→インポート→データベースを選択してください。
    RDBインポート-メニューを選択

  2. データソースの選択
    データソースを選択してください。
    RDBインポート-データソースへ接続

  3. 一覧からテーブル(またはビュー)を選択
    接続先データソースのテーブル(またはビュー)が一覧表示されます。
    インポートするテーブル(またはビュー)を選択してください。
    RDBインポート-一覧からテーブルを選択

  4. インポートの確認と実行
    インポートするのテーブル(またはビュー)が一覧表示されます。
    内容をご確認の上、「終了」をクリックしてください。
    RDBインポート-インポートの確認と実行

  5. インポート完了
    インポートしたテーブルがREALテーブルとして作成されます。
    RDBインポート-インポート完了