ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage セキュリティリスク管理
  5. 特長/機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
ここから本文です。

InfoCage セキュリティリスク管理 - バージョン別機能強化ポイント

  • 2017年5月29日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.1.8 をリリースしました。
    • エージェントと管理コンソールがWindows Server 2016上での動作に対応しました。

  • 2016年10月30日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.1.7 をリリースしました。
    • エージェントと管理コンソールがWindows 10 上での動作に対応しました。
  • 2015年11月4日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.1.5をリリースしました。
    • 統合サーバと中継サーバがWindows Server 2012, Windows Server 2012 R2 上での動作に対応しました。
  • 2015年2月27日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.1.4をリリースしました。
    • エージェントと管理コンソールがWindows 8.1、Windows Server 2012 R2 上での動作に対応しました。
  • 2013年8月30日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.1をリリースしました。
    • エージェントと管理コンソールがWindows 8、Windows Server 2012 上での動作に対応しました。
  • 2012年4月23日InfoCage セキュリティリスク管理 V2.0.4.2をリリースしました。
    • エージェントがWindows 7 x64 Edition での動作に対応しました。

ページの先頭へ戻る