ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage SiteShell
  5. 特長/機能
  6. 導入/運用の容易さ
ここから本文です。

InfoCage SiteShell

導入/運用の容易さ

面倒な初期設定は不要

Webサーバにインストールするソフトウェア型WAFのため、ネットワーク構成の見直しは不要です。

Windows環境における InfoCage SiteShell インストール時の画面遷移例(抜粋)

InfoCage SiteShellインストール時の画面遷移イメージ

ブラウザベースでの運用

グラフィカルな画面により攻撃状況の把握や細かい制御が容易に行えます。

サーバに負荷をかけることなく安定した運用が可能

ほとんどのWebサーバ/APサーバの構成で十分な評価を行い、問題なく動作することを検証しています。レスポンスはお客様の環境にもよりますが、一般的なWebサーバの運用形態であれば影響のないレベルです。

InfoCage SiteShell 有り/無しのCPU使用率の比較例

CPU使用率の比較例

安全性を事前に確認できるテストモード

テストモードとは、脆弱性対策のチェックのみを行い、通信データをブロックせずに監査ログのみを出力します。
このテストモードを利用することによって、既存Webサーバへの影響を確認することができます。

テストモードのイメージ

Webコンソールのイメージ

ページの先頭へ戻る