ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage SiteShell
  5. 導入効果
ここから本文です。

InfoCage SiteShell

導入効果

Webアプリケーションの脆弱性と発生する被害

近年、機密情報の入手やWebページの改ざんなど、金銭や営業妨害を主な目的として、企業のWebサイトを狙った悪質な攻撃が多発しています。

PCI DSSへの準拠

PCI DSSでは加盟店・決済代行事業者が扱うクレジットカード情報/取引情報を守るため、要件6に「安全性の高いシステムとアプリケーションを開発し、保守すること」にWAFの適用が求められています。InfoCage SiteShellは、PCI DSS要件6.6に準拠。必要とされるWAFの機能を提供しています。

こんなときこそ InfoCage SiteShell

あなたにもこんな悩みはありませんか?InfoCage SiteShellが解決します。

  • case1:サイト診断を受けたけど、どう対策すればよいのかわからない…
  • case2:ソースコード修正では手が回らない!
  • case3:ファイアウォール、IDS/IPSでは防げない攻撃があるって本当!?
  • case4:WAFって最近よく聞くけど、高いんだよなぁ…

ページの先頭へ戻る