ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage SiteShell
  5. 重要なお知らせ
  6. bashのぜい弱性(CVE-2014-6271等)に関するInfoCage SiteShellの対応について
ここから本文です。

InfoCage SiteShell

bashのぜい弱性(CVE-2014-6271等)に関するInfoCage SiteShellの対応について

bashのぜい弱性(CVE-2014-6271等)について

GNU bashの環境変数の処理にぜい弱性が存在し、このぜい弱性を利用した攻撃が発生しています。
すでに実証コードが公開されており、これを利用するとWebサーバの動作権限の範囲でOSコマンドが実行され、重要情報の窃取や不正ファイルの作成/配置、など様々な被害が発生する可能性があります。

InfoCage SiteShellによる対応

本脆弱性に対するWebサーバへの攻撃はInfoCage SiteShellを導入することで防御できます。
システムへの影響を考慮した結果、本脆弱性を修正したバージョンの適用ができない場合にはInfoCage SiteShellを導入することをご検討ください。

ページの先頭へ戻る