ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 動作環境
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - 動作環境

InfoCage 不正接続防止 V5.2 RemoteConsole

OS(32bit)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
OS(64bit)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
CPU 1.87GHz以上
メモリ 1GB以上
ディスク 150MB以上の空き容量

InfoCage 不正接続防止 V5.2 DomainManager

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64(SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5502 @ 1.87GHz相当以上
メモリ 2GB以上
ディスク 40GB以上の空き容量
備考
  • NET Framework 3.5 SP1必須
  • Webコンソールの対応ブラウザは以下の通り
    -Internet Explorer 9(Windows Vista)
    -Internet Explorer 11(Windows 7/8.1/10)
  • 集中管理/小規模管理の対応DBは以下の通り
    -SQL Server 2005 Express
    -SQL Server 2008 R2 Express
    -SQL Server 2014 Express
    なお、DomainManagerインストール時に同時にインストールするDBは「SQL Server 2014 Express(SP1)」

InfoCage 不正接続防止 V5.2 SiteManager

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64(SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows 7 Professional x64(SP1)
  • Windows 7 Ultimate x64(SP1)
  • Windows 7 Enterprise x64(SP1)
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5502 @ 1.87GHz相当以上
メモリ 2GB以上
ディスク 分散管理の場合:150MB以上の空き容量
小規模管理の場合:40GB以上の空き容量
備考 小規模管理モードを利用する場合は、DomainManagerの動作環境を満たすこと

InfoCage 不正接続防止 V5.2 SwichManager

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64(SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5502 @ 1.87GHz相当以上
メモリ 2GB以上
ディスク 1.1GB以上の空き容量

InfoCage 不正接続防止 V5.2 NetworkAgent(Linux)

OS(32bit) CentOS 7.1
CPU Core 2 Duo E4300相当以上
メモリ 2GB以上
ディスク 256MB以上の空き容量
備考 仮想環境上での動作はサポート対象外

  • DomainManager、SiteManager及びSwitchManagerは、「CLUSTERPRO X 1.0 ~ X 3.2」での冗長化に対応しています。
  • 本製品は、以下の仮想環境上で動作することを確認しています。
    • 仮想環境:
      • VMware ESX 4.0、4.1
      • VMware ESXi 5.0、5.1
      • Hyper-V 2.0
    • 対象モジュール: DomainManager、SiteManager
    • 条件: ゲストOSに割り当てたスペックが動作環境の必要諸元を満たしていること

ページの先頭へ戻る