ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 特長/機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
  7. InfoCage 不正接続防止(SecureVisor)V5.0 強化ポイント
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - V5.0 強化ポイント

InfoCage 不正接続防止 V5.0

InfoCage 不正接続防止 V5.0の販売を開始いたしました。
本バージョンでは、新たに小規模向けのサーバレスエディション 「InfoCage 不正接続防止 Lite」 を製品ラインナップに追加いたします。サーバの設置やマネージャソフトウェアのインストールが不要になり簡単に導入することができます。主な強化内容は以下のとおりです。

InfoCage 不正接続防止 Lite

・サーバレスによる簡単導入
管理サーバの設置やマネージャソフトウェアのインストール作業が必要なく、センサーを設置するだけで簡単に導入することができます。

・管理サーバに関わるコストを削減
管理サーバのイニシャルコスト、ランニングコストを削減できます。ハードウェア費用やOSのライセンス費用、管理ソフトウェアのライセンス費用に加えて、SI費用やサポート費用の削減も可能です。

・部分導入からのスモールスタートが可能
まずは1セグメントだけ部分導入し、後から管理サーバを設置して全社導入にステップアップすることが可能です。

接続履歴の可視化

休日や勤務時間外に稼働しているPCの台数や接続時間をグラフ表示することで、ひと目で確認することができます。PCの利用状況を見える化することで、社内資産を有効活用することができます。

  • InfoCage 不正接続防止 Liteは対象外

ページの先頭へ戻る