ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 重要なお知らせ
  6. InterSec/NQ30a、InterSec/NQ30bの初期導入について
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - 重要なお知らせ

InterSec/NQ30a、InterSec/NQ30bの初期導入について

2008年6月26日

工場出荷時のInterSec/NQ30a、InterSec/NQ30bには以下の通り、暫定的なバージョンのNetworkAgentがプリインストールされています。

製品型番 バージョン
N8100-1110Q 2.2g
N8100-1200Q 2.2h
N8100-1300Q 3.1g

(2008年5月現在)

従いまして、初期導入時に下記の手順によるバージョンアップ手続きが必要です。なお、バージョンアップについての説明、注意事項に関しては、SiteManagerオンラインヘルプの、[SecureVisor]→[SecureVisorその他の機能]→[NetworkAgent自動バージョンアップ機能]を参照してください。

なお、上記を追記した「InterSec/NQ30(Ver3.4)ユーザーズマニュアル」がありますので、必要な場合はPPサポートサービスまでお問い合わせください。

  1. InterSec/NQ30a、NQ30bに対して、SiteManagerと通信するために必要な初期設定(詳しくは「InterSec/NQ30(Ver3.4)ユーザーズマニュアル」を参照)を行い、ネットワークに接続する。
  2. InterSec/NQ30a、NQ30bがSiteManagerへ接続し、自動更新を行う(SiteManagerからVer 3.4の内部ソフトウェアをダウンロードし、インストールを自動的に行います)。
  3. Ver 3.4にバージョンアップ後、Ver 3.4に対する必要な設定を行う。
  4. 運用開始する。

ページの先頭へ戻る