ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 特長/機能
  6. スイッチ連携機能
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - スイッチ連携機能

スイッチ連携機能

インテリジェントスイッチと連携することでも、不正なIT機器を管理可能になりました。
スイッチの機能(MACアドレス認証、SNMP通信)を利用して、スイッチ配下のホストの検知・不正接続の防止を行ないます。

スイッチ連携機能で管理するネットワークは、InterSec/NQ30(NetworkAgent)の設置無しで運用できます。

スイッチ連携機能に対応したスイッチと実現内容により、以下の2方式に分類されます。

方式 対応スイッチ 実現内容
MAC認証方式 MACアドレス認証に対応したスイッチ
(IP8800シリーズ、QXシリーズ、Catalystシリーズなど)
スイッチが端末を認証する方式の一つで、MACアドレスをユーザアカウントとして使用することで、接続された端末のMACアドレスごとに認証を行います。認証されたMACアドレスを持つ端末のみ社内ネットワークへ接続ができます。

※別途RADIUSサーバ(Windows Server 2008標準)が必要です。
検知のみ SNMP通信に対応したスイッチ
(IP8800シリーズ、QXシリーズ、Catalystシリーズなど)
ネットワーク制御は行いません。社内ネットワークへ接続するIT機器の情報収集のみを行います。

動作環境

スイッチを制御するためのSwitchManagerが必要になります。(InfoCage 不正接続防止 マネージャと同一HWへのインストールも可)
SwitchManagerの動作環境についてはこちらをご覧ください。

価格

スイッチ連携オプションには以下の2つのライセンス体系がございます。

  • スイッチ連携オプションセグメントライセンス : 監視するネットワーク(IPサブネット)数分の購入が必要
  • スイッチ連携オプションクライアントライセンス : 監視するクライアント台数分の購入が必要
価格についてはこちらをご覧ください。

関係サイト

ページの先頭へ戻る