ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 特長/機能
  6. IPv6対応
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - IPv6対応

IPv6対応の必要性

Windows Vista以降は既定でIPv6が有効になっており、IPv4を防止しても、IPv6通信でウイルスを拡散されたり、ネットワークフォルダから情報を抜かれる危険があります。
そのため、Windows Vista以降のOSを使用している環境では、IPv6に対応した不正接続防止製品の導入が必要です。

IPv6対応のメリット

気付かずに有効になっているIPv6通信を防止することができます。
IPv4と同様にIPv6が有効になっている端末も管理が可能です。

ページの先頭へ戻る