ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 特長/機能
  6. 不正接続監視
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - 不正接続監視

不正接続監視のメリット

InfoCage 不正接続防止(SecureVisor)の導入により、社内ネットワークに対する下記のような接続違反を監視・警告することができます。

  • 悪意を持った侵入者が、社内ネットワークに攻撃用のPCを接続した。
  • 許可されたPCしか接続してはならない規則なのに、未許可の個人ノートPCを接続してしまった。

機能概要

不正接続監視機能は、SiteManagerが判断し、MACアドレス、IPアドレス、コンピュータ名の任意の組み合わせ(MACアドレスは必須)をキーとして、不正に接続されたIT機器の監視・通知を行います。

不正接続ホスト監視・発見・通知機能

InfoCage 不正接続防止(SecureVisor) SiteManagerでは、未登録のホストが発見された時にアラームを発生させることができます。アラームは、警告ダイアログ、ログ、メール送信、SNMPトラップメッセージ、任意のコマンド起動により管理者へ通知できます。

ページの先頭へ戻る