ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage PCセキュリティ
  5. 特長/機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
  7. InfoCage PCセキュリティ Ver1.5 強化ポイント
ここから本文です。

InfoCage PCセキュリティ - InfoCage PCセキュリティ Ver1.5 強化ポイント

2012年7月6日に、InfoCage PCセキュリティ Ver1.5をリリースしました。
PPサポートサービス窓口に、InfoCage PCセキュリティ の型名を指定し、バージョンアップ依頼を実施することで入手できます。
折り返し、InfoCage PCセキュリティの最新媒体を送付させていただきます。

1.追加機能

サーバ機能

  • InfoCage PCセキュリティ 簡易ログサーバ、鍵サーバにおいて、Microsoft Windows Server 2008 R2上での動作を可能としました。

ディスク暗号

  • Microsoft Windows 7 環境において、光学メディア暗号化書き込み機能を追加しました。
    • 光学メディア暗号化書き込み機能の詳細は、「InfoCage PC セキュリティ セキュアライター利用ガイド」を参照してください。
  • Microsoft Windows 7、Vista 環境において、光学メディアに対するOS標準機能による書き込みを禁止する機能を追加しました。
    • 光学メディアに対するOS 標準機能による書き込みを禁止する機能については、「InfoCage PC セキュリティ セキュアライター利用ガイド」を参照してください。
  • Microsoft Windows 7、Vista 環境において、「セキュリティログ:外部メディアの検出」の出力内容として、[メディア種別][シリアル番号][読み込み専用外部メディア]の情報を出力するように強化しました。
  • Microsoft Windows 7 環境において、BitLocker 環境との共存を可能としました。
    • BitLocker を利用して暗号化を行う場合は、クライアントセットアップ作成時に必ず[暗号化処理を実施しない]を選択してください。

PC制御

  • Microsoft Windows 7、Vista 環境において、「セキュリティログ:外部メディアの読み込み」の出力内容として、[メディア種別][シリアル番号]の情報を出力するように強化しました。
  • Microsoft Windows 7、Vista 環境において、「セキュリティログ:外部メディアの書き込み」の出力内容として、[メディア種別][暗号化種別][シリアル番号]の情報を出力するように強化しました。
  • [環境の固定支援]機能の「自動再生機能を無効にする」において、デバイス毎に無効設定することを可能としました。
    • 「リムーバブルドライブ」、「CD/DVD/BD ドライブ」の単位で制御可能。

2.修正機能

サーバ機能

  • ログサーバ機能において、Tomcat が保持する脆弱性を修正するために、Tomcat のバージョンアップを行いました。

ページの先頭へ戻る