ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage PCセキュリティ
  5. 特長/機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
  7. InfoCage PCセキュリティ Ver1.43 強化ポイント
ここから本文です。

InfoCage PCセキュリティ - InfoCage PCセキュリティ Ver1.43 強化ポイント

2011年5月10日に、InfoCage PCセキュリティ Ver1.43をリリースしました。
PPサポートサービス窓口に、InfoCage PCセキュリティ の型名を指定し、バージョンアップ依頼を実施することで入手できます。
折り返し、InfoCage PCセキュリティの最新媒体を送付させていただきます。

追加

Microsoft Windows 7 Service Pack 1に対応

InfoCage PCセキュリティ クライアント、InfoCage PCセキュリティ 管理者ツールの動作環境として、Microsoft Windows 7 Service Pack 1に対応しました。

修正機能

前バージョン(クライアント詳細バージョン:Ver1.4.0.2)から、以下の機能が修正されています。

認証

  • Microsoft Windows 7環境において、Windowsログオン後、以下のエラーが出力される問題を修正しました。「InfoCageユーザ情報の取得に失敗しました。(HR=0,ERR=0) 処理を中止します。」
  • Microsoft Windows 7、Microsoft Windows Vista環境において、Windowsログオン先として、存在しない誤ったログオン先を入力すると、以降の操作を受け付けなくなる問題を修正しました。

ディスク暗号

  • ウイルススキャンとの競合問題により、許可外部メディアもしくは読込専用外部メディアが正常に認識されない場合がある問題を修正しました。
  • 許可外部メディアのグループ名やキーワードの先頭もしくは末尾に半角スペースを設定した場合、許可外部メディアを認識しない問題を修正しました。
  • Microsoft Updateまたは、Windows Update以外の方法を利用した際、Windows Vista Service Packの適用に失敗する場合がある問題を修正しました。

PC制御

以下の外部メディア関連のセキュリティログのドライブレターが、「?:」と表示される場合があるという問題を修正しました。

  • 外部メディアへの書き込み検出
  • 外部メディアからの読み込み検出
  • プログラムの起動抑止

ページの先頭へ戻る