ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

InfoCage PCセキュリティ - 重要なお知らせ

Internet Explorer 10が導入されている環境で発生する問題について

2014年03月31日

Internet Explorer 10が導入されている環境で、InfoCage PCセキュリティにてディスク暗号を実施すると問題が発生する場合があることを確認しました。
お客様へはご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんが、下記の内容をご確認の上、ご対応いただきますようお願いいたします。

1.対象製品

InfoCageシリーズ対象製品

  • InfoCage PCセキュリティVer1.60以前の全バージョン

対象OS

  • Microsoft Windows 7 Ultimate 日本語版 (SP なし、SP1)
  • Microsoft Windows 7 Enterprise 日本語版 (SP なし、SP1)
  • Microsoft Windows 7 Professional 日本語版 (SP なし、SP1)

2. 発生条件と現象

InfoCage PCセキュリティ導入時、初回ディスク暗号実施前に、Internet Explorer 10(IE10)を起動した場合、暗号化終了後「移動または名前の変更は拒否されました」というメッセージが表示される場合があります。

  • PC起動/ログオン後、すぐに表示される初回ディスク暗号のダイアログで「はい」をクリックする前に、Internet Explorer 10を起動した場合に発生します
初回ディスク暗号前にIE10を実行していると、暗号化対象のファイルにアクセスできず、暗号化が終了しないため本問題が発生します。
IE終了後、PCを再起動し初回ディスク暗号実施を実施すれば問題は発生しません。

3.対処方法

初回暗号化前にIE10は実行しないでください。
既に問題が発生している場合は、お手数ですがサポート窓口にお問い合わせください。

4.商標

MicrosoftおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
InfoCageは日本電気株式会社の登録商標です。
その他、記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る