ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage PCセキュリティ
  5. 重要なお知らせ
  6. InfoCage PCセキュリティに関する不具合のご報告
ここから本文です。

InfoCage PCセキュリティ - 重要なお知らせ

InfoCage PCセキュリティに関する不具合のご報告

2009年09月03日
2011年09月06日更新

InfoCage PCセキュリティ Ver1.3において、不具合が発生することが確認されました。
お客様へは御迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんが、本件について以下の内容をご確認頂きますようお願い申し上げます。

1.対象製品

  • InfoCage PCセキュリティ Ver1.3

2.対象OS

  • Microsoft Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows Vista Business
  • Microsoft Windows Vista EnterPrise
  • Microsoft Windows XP Professional SP2以降
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP2以降
  • Microsoft Windows 2000 Professional (SP4) + ロールアップ1

3.発生条件と現象

以下の不具合が確認されております。

  • 外部メディア自動暗号化機能を使用した場合、許可外部メディアに保存したファイルが稀に文字化けする問題が発生します。
  • 鍵サーバ認証を御利用の場合、自動ログイン時にポリシー更新を実施すると、稀に一番厳しいポリシーになってしまう問題が発生します。
  • ユーザプロファイルが見つからない旨のメッセージが出力され、一時ユーザプロファイルでログインしてしまう現象が発生します。

4.対処方法

以下の「InfoCage PCセキュリティv1.3 修正モジュール」をダウンロードし、対象バージョンのInfoCage PCセキュリティがインストールされたクライアントPCに適用して下さい。
適用手順については、ダウンロードしたzipファイルの中のリリースメモを参照して下さい。

5.今後の対応

本不具合については2009年下期にリリース予定の次期バージョンで修正する方針です。状況に変化があり次第、本ページにて情報をご提供し、お知らせいたします。

上記「1. 対象製品」に記載されているバージョン以降(V1.33~現Ver)において、本問題は修正されています。
本問題の修正バージョンをご希望のPP・サポートサービスご契約者様は、ライセンスサービスにて入手ください。

6.商標

Microsoft、Windows、Windows Vista、PowerPoint、およびWindowsのロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る