ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage PCセキュリティ
  5. 特長/機能
ここから本文です。

InfoCage PCセキュリティ - 特長/機能

ユーザ認証

管理者が許可しない利用者は、PCにはログインすることができません。
これにより、PCの不正使用による情報漏えいを防ぎます。

ユーザ認証

認証には「USBメモリ」「パスワード」など、ユーザの権限に応じた認証方式を設定できます。

ユーザ認証

暗号化

使用するPCのディスク・ドライブ/フォルダ/ファイル単位に暗号化できます。データを暗号化することにより、盗難やメールの誤送信、機密情報の保護等に対処できます。また、外部メディアに書き込みと同時に暗号化することも可能です。

暗号化

制御

情報漏えいに繋がるプログラムの起動停止、コントロールパネルの使用制限、プリンタや外部メディアへの書き込み制御など、管理者は、運用ポリシーに合わせて利用者のPCを制御・管理できます。なお、利用者は運用ポリシーを変更できません。

ログ収集管理

各PCでの操作履歴は収集し、簡易ログサーバで一元的に管理できます。管理者は、利用者の操作ログを閲覧/分析することにより、不正使用を検知できます。分析結果に応じてポリシーを更新し、正常な運用が継続できます。

ログ収集管理

周辺機器の利用制限

管理者はポリシーでポート制御設定を行うことで、利用者PCの周辺機器を接続するポートを制限することがきます。
ポート制御設定をしたポリシーを利用者のパソコンに適用することで、周辺機器の接続ポートの使用を制御できるため、周辺機器の自由な使用を阻止し情報漏えいのリスクを低減します。

周辺機器の利用制限

ポート制御設定による制御対象は以下のとおりです。
[ポート]

  • USB
  • PCMCIA(PCカード)
  • IEEE1394
  • シリアル/パラレル
  • 赤外線

[デバイス]

  • FDデバイス
  • CD/DVDデバイス
  • 無線LAN
  • Bluetooth
  • SDカードスロット
  • その他任意のデバイスを禁止する、カスタム設定も可能
  • USBデバイスについては、大容量記憶デバイス、MTP/PTPデバイス、イメージングデバイス、その他のUSBデバイスというカテゴリ単位で制御可能です。また、USBデバイスのメーカーID、製品ID、シリアル番号のいずれかを設定し、指定のデバイスのみを許可することが可能です。許可されていないUSBデバイスについては使用禁止となります。

ページの先頭へ戻る