ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage PC検疫
  5. 導入効果
ここから本文です。

InfoCage PC検疫 - 導入効果

クライアントのセキュリティ対策が行われているか不安・・・

管理サーバとエージェントを導入するたけでクライアントのセキュリティチェックを簡単に行えます。

  • 管理者:リアルタイム監査チェックが可能
  • ユーザ:ポリシ違反をしたPCを接続すると自動でポップアップ指示
  • ポリシ:ウイルス対策のパターンファイルが最新、OSのパッチ適用済みなど
  • WSUSやウイルス対策ソフトと併用すると、管理、指示、自動更新が行えます
  • データベースも購入不要

クライアントのセキュリティレベルが上がるまで特定のネットワークに接続させたくない

ポリシを満たしていないPCの重要なネットワークへのアクセスを防ぎます。

  • 管理者:ワクチンソフト最新バージョン自動更新設定が可能(お手本のPCの設定を自動で参考)
  • ユーザ:ポリシ違反をしたPCを接続すると自動でポップアップ指示
  • 守りたいネットワークへはつなげません
  • 簡単導入で本格検疫を実現

クライアントのセキュリティレベルが上がるまで特定のネットワークに接続させたくない

検疫ソリューションを実現させたい

お客さまの環境に合わせて様々な検疫を導入可能です。

クライアントファイアウォール方式

クライアントPCのフィルタを制御することにより、ネットワークを変更することなしに検疫ネットワークを導入できます。

SSL-VPN方式

SSL-VPN環境においてもPC検疫を実施し、社内・社外を意識しない安全なシステムを実現します。

ページの先頭へ戻る