ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage概要
ここから本文です。

セキュリティ対策ソフトウェア InfoCage - 概要

安心・安全なセキュリティ環境の実現には、3つの側面からの対策が重要です

いま、セキュリティリスクはますます多様化しています。
サーバやPC、ネットワークのセキュリティ強化やウイルス対策、ファイルの暗号化などこれまでのようなプラットフォーム領域の対応だけでは、重要な情報資産を守ることが難しくなってきています。

また、クラウド・コンピューティング時代を迎え、企業にとってのセキュリティ対策が、これまで以上に大きな課題となっています。これからのセキュリティ対策に不可欠なのは、「セキュリティリスクを見える化する」「業務システムを守る」「プラットフォームを守る」こと。

この3つの側面からの対策が、より安心・安全なセキュリティ環境を実現します。

安心・安全なセキュリティ環境の実現には、3つの側面からの対策が重要です

セキュリティリスクを見える化する(セキュリティマネジメント)

ID管理・認証、アクセス管理、統合ログ管理、IT資産管理などで、さまざまなセキュリティリスクを「見える化」し、効率的なマネジメントを実現します。

業務システムを守る(システムセキュリティ)

コンテンツセキュリティ、Webセキュリティ、メールセキュリティなど、サービスや業務システムのセキュア化を図り、安全で快適な業務環境を提供します。

プラットフォームを守る(プラットフォームセキュリティ)

情報漏えい対策やアンチウイルス、ネットワーク検疫により、機密情報の漏えいや不正利用を防ぎ、IT・ネットワークのセキュリティリスクを低減します。

内部からも外部からも、企業全体のセキュリティを強化

ページの先頭へ戻る