ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage FileShell
  5. 製品体系/価格
ここから本文です。

InfoCage FileShell - 製品体系/価格

製品体系

  • InfoCage FileShell V2.0 より製品体系が変更になりました。

メディアキット

InfoCage FileShell を利用するために必要となるモジュール(サーバ、クライアント、SDK、マニュアルなど)を提供します。
InfoCage FileShell サーバライセンスや、InfoCage FileShell とお客様のシステムなどと連携するために必要となる「InfoCage FileShell SDK」ライセンスも含まれます。

クライアント

InfoCage FileShell の設定されたポリシに従い、ファイルの保護やアプリケーションの制御を行うためのクライアントライセンスです。

オプション製品

InfoCage FileShell プロテクタ for Microsoft SharePoint Server

Microsoft SharePoint Serverと連携し、SharePoint ServerのIRM機能で保護できないファイル[テキスト(txt、xml)、 画像(bmp,jpgなど)、CADなどのファイル]を自動的にIRM保護します。

InfoCage FileShell プロテクタ for ファイルサーバ

Windows Server にインストールすることで、他の端末から共有フォルダに格納されたファイルを自動的にIRM保護します。また、他のファイルサーバ上の共有フォルダに対しては、定期的に巡回して保護することができます。

  • 「InfoCage FileShell プロテクタ for ファイルサーバ」単体ではご利用いただけません。別途、InfoCage FileShellクライアントが必要となります。

InfoCage FileShell 簡易認証連携オプション

InfoCage FileShell による保護や保護解除、保護ファイルの閲覧時などにActive Directory Rights Management サービス(AD RMS)の認証ダイアログが表示されるケースで、ID/PWを代理入力することで利用者による入力の手間を軽減することができます。

  • 普段ログオンするActive Directoryとは別のActive DirectoryにInfoCage FileShellを導入する場合に利用します。
  • Azure RMSにおける多要素認証(ADAL認証)を利用している場合は、ご利用いただけません。

InfoCage FileShell 持出閲覧形式保護オプション

ファイルを暗号化された読み取り専用の形式に変換し、専用のビューアーでのみ閲覧可能になるため、安全に外部と共有可能になります。 また、必要に応じて後からファイルを削除するように設定することが可能です。

  • 「持出閲覧形式保護ファイル」を作成する利用者にオプションのライセンスが必要になります。
  • 「持出閲覧形式保護オプション」単体ではご利用いただけません。別途、InfoCage FileShellクライアントが必要となります。
  • 「持出閲覧形式保護ファイル」を共有する取引先などの利用者には、オプションのライセンスは不要です。

価格

InfoCage FileShellクライアント

プロダクト名 希望小売価格(税別) 月額保守料金(税別) 備考
InfoCage FileShell V3.1 メディアキット 3,000 InfoCage FileShell のインストール媒体。
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(1User) 13,000 300 InfoCage FileShell クライアントのライセンス。
利用ユーザ数分のライセンスが必要。
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(10User) 100,000 1,300
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(100User) 800,000 10,000
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(1,000User) 6,000,000 75,000
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(5,000User) 22,500,000 281,300
InfoCage FileShell V3.1 クライアント(10,000User) 40,000,000 500,000
InfoCage FileShell V2.0 プロテクタ for Microsoft SharePoint Server 1,150,000 14,400 Microsoft SharePoint Serverとの連携モジュール。SharePoint Serverのフロントエンドサーバ数分のライセンスが必要。
InfoCage FileShell V3.1 プロテクタ for ファイルサーバ メディアキット 3,000 InfoCage FileShell プロテクタ for ファイルサーバ のインストール媒体。
InfoCage FileShell V3.1 プロテクタ for ファイルサーバ 150,000 1,900 InfoCage FileShell プロテクタ for ファイルサーバ のライセンス。インストール台数分のライセンスが必要。
  • 上記費用には、マイクロソフト社のActive Directory(AD), Active Directory Rights Managementサービス(AD RMS), Microsoft SQL Server のライセンス費用は含まれておりません。
  • クラウドサービスと連携する場合は、以下いずれかのクラウドサービスと別途契約していただく必要があります。
    • SecureBulwark ファイル保護サービス(NFPS)
    • Microsoft Azure Rights Management(Azure RMS)
  • InfoCage FileShell サーバ、InfoCage FileShellクライアント各々を使用するためには、メディアキットとライセンスが必要です。
  • 保守は月額料金です。契約期間分費用がかかります。
  • 希望小売価格を提示しています。年間ライセンス、月額ライセンスのほか、導入構成に合わせたお見積りは、お問い合わせください。

InfoCage FileShell 簡易認証連携オプション

プロダクト名 希望小売価格(税別) 月額保守料金(税別) 備考
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション メディアキット 3,000 簡易認証連携オプションのインストール媒体。
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(1CL) 400 300 簡易認証連携オプションのライセンス。
利用ユーザ数分のライセンスが必要。
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(10CL) 2,500 300
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(100CL) 20,000 300
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(1,000CL) 150,000 1,900
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(5,000CL) 562,500 7,100
InfoCage FileShell V3.0 簡易認証連携オプション(10,000CL) 1,000,000 12,500

InfoCage FileShell 持出閲覧形式保護オプション

プロダクト名 希望小売価格(税別) 月額保守料金(税別) 備考
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション メディアキット 3,000 持出閲覧形式保護オプションのインストール媒体。
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(1CL) 3,900 300 持出閲覧形式保護オプションのライセンス。
利用ユーザ数分のライセンスが必要。
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(10CL) 30,000 400
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(100CL) 240,000 3,000
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(1,000CL) 1,800,000 22,500
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(5,000CL) 6,750,000 84,400
InfoCage FileShell V3.0 持出閲覧形式保護オプション(10,000CL) 12,000,000 150,000

ページの先頭へ戻る