ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage FileShell
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

InfoCage FileShell - 機能詳細

電子ファイルのIRM保護に加えアプリケーション制御や既存システム連携も!

InfoCage FileShell運用イメージ

ポリシで一元管理

クライアントの動作は、InfoCage FileShell サーバで設定したポリシに基づいて制御できます。
保護対象とする電子ファイルやアプリケーション、自動保護対象領域や手動保護で使用するポリシなどを一元的に管理できます。

InfoCage FileShellクライアントを自動更新

InfoCage FileShell クライアントでパッチやアップデートモジュールを自動取得して適用できるため、クライアントモジュールを常に最新の状態に保つことができます。

InfoCage FileShellサーバを構築せずに、簡単導入

InfoCage FileShellクライアントでポリシの設定を行い、電子ファイルをIRM保護することも可能です。特定部門への試行導入(スモールスタート)や小規模運用に有効です。

電子ファイルを自動的にIRMで保護

指定した自動保護対象領域に電子ファイルを保存するだけで、自動的にIRMで保護します。
そのため、利用者による特別な操作は不要です。
IRM保護された電子ファイルは、元のアイコンはそのままに鍵マークが付与されるので識別が容易です。

【電子ファイルの自動保護イメージ】自動保護対象領域の電子ファイルを自動的に保護。保護された電子ファイルは、元のアイコンはそのままに鍵マークが付与されるので識別が容易。

ネットワーク上の電子ファイルも自動的にIRMで保護

ネットワーク上のフォルダも自動保護領域として設定できます。
そのため、各電子ファイルに対する保護するためのポリシを目的に合わせて使い分けることができます。
オプション製品「InfoCage FileShellプロテクタ for ファイルサーバ」をサーバに導入することで、システムから出力されるファイルやInfoCage FileShellクライアント未導入端末から格納されるネットワーク上の電子ファイルを自動的に保護します。

取引先へファイル共有した後からファイルを削除(オプション)

閲覧専用形式に変換した「持出閲覧形式保護ファイル(パスワードで保護したファイル)」を社外の取引先へ共有した後、ファイルを削除したい場合、送付元から削除申請サーバへ申請することで削除する設定が可能です。ファイルの削除は、削除リストサーバに削除対象のファイル情報が登録された後、取引先PCから閲覧専用ビューアー上でファイルを開こうとした時に削除されます。

目的にあったポリシで保護

InfoCage FileShellでは、複数の保護ポリシを設定・管理でき、メニュー操作で選択して保護することも可能です。
そのため、各電子ファイルの目的に応じた保護ポリシを使い分けることができます。

許可されたアクセス権限に基づきアプリケーションを制御

IRM保護された電子ファイルは、利用者に対してあらかじめ許可されたアクセス権限に基づいて制御されます。

  閲覧 編集 印刷 コピー 保護解除
権限なし × × × × ×
閲覧許可 ×     △     △ ×
編集許可     △     △ ×
フルコントロール
  • 印刷やクリップボードコピー、PrintScreenのアクセス権限を設定できます。

SharePointと連携

マイクロソフト社の文書管理製品 Microsoft SharePoint Server と連携する機能(InfoCage FileShell プロテクタ for Microsoft SharePoint Server)をオプションとして提供しています。
本ライセンスを利用すると、SharePointのIRM機能で保護対象にできなかったテキスト(txt、xml)やCADなど様々な形式の電子ファイルを保護でき、機密情報の漏えいを防ぐことができます。

お客様のシステムとの連携も可能

InfoCage FileShell では、電子ファイルの保護/保護解除が可能となるInfoCage FileShell SDK ライセンスを標準提供しています。
これにより、お客様が独自に開発されたアプリケーションやシステムとの連携が可能です。

  • SDK(Software Development Kit)

ページの先頭へ戻る