ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage ファイル暗号
  5. 動作環境
ここから本文です。

InfoCage ファイル暗号 - 動作環境

InfoCage ファイル暗号 Ver2.1

対象機種 PC/AT 互換機
InfoCage ファイル暗号 Ver2.1では以下の環境で動作します。
[確認済み Windows 10 バージョン]
・2015年11月版(ビルド 10586) ※他のバージョンにインストールする場合は、実運用前に検証機などで十分な検証を行ってください。
OS (32bit対応版) ※1参照
  • Microsoft Windows Vista Home Basic 日本語版 (SP1)
  • Microsoft Windows Vista Home Premium 日本語版 (SP1)
  • Microsoft Windows Vista Business 日本語版 (SP1)
  • Microsoft Windows Vista Ultimate 日本語版 (SP1)
  • Microsoft Windows Vista Enterprise 日本語版 (SP1)
  • Microsoft Windows Server 2008 日本語版
  • Microsoft Windows 7 Home Premium 日本語版 (SP1含む)
  • Microsoft Windows 7 Professional 日本語版 (SP1含む)
  • Microsoft Windows 7 Ultimate 日本語版 (SP1含む)
  • Microsoft Windows 7 Enterprise 日本語版 (SP1含む)
  • Microsoft Windows 8 Pro 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8 Enterprise 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8.1 Pro 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 10 Enterprise 日本語版
  • Microsoft Windows 10 Pro 日本語版
  • 64bit版OSには対応していません。

(64bit対応版) ※1参照
  • Microsoft Windows 7 Professional x64 日本語版 (SPなし、SP1)
  • Microsoft Windows 7 Ultimate x64 日本語版 (SPなし、SP1)
  • Microsoft Windows 7 Enterprise x64 日本語版 (SPなし、SP1)
  • Microsoft Windows 8 Pro 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8 Enterprise 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8.1 Pro 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows 10 Enterprise 日本語版
  • Microsoft Windows 10 Pro 日本語版
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard日本語版 (SPなし、SP1)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise 日本語版 (SPなし、SP1)
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Server 2012 Datacenter Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Server 2016 Datacenter Edition 日本語版 (SP なし)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard Edition ※2参照
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 WorkGroup Edition ※2参照
  • 32bit版OSには対応していません。
  • Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチの適用をお奨めします。
必要なソフトウェア Microsoft Internet Explorer 6.0 (SP2) 以降
Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable (9.0.30729.6161 以降)

  • [プログラムの追加と削除] などから、Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable を削除しないでください。
    削除した場合、InfoCage ファイル暗号が正常に動作しなくなります。
メモリ 推奨32MByte以上
(OSや他のソフトウェアが必要とするメモリサイズは含んでいません)
占有ハードディスク容量
  • 本製品のインストールするドライブには、8Mバイト以上の空き容量が必要です。
  • インストールの際には、セットアップを展開するためにさらに10Mバイト以上の空き容量が必要です。
  • 空き容量が必要なディスクは、システム環境変数TEMPが設定されているドライブになります。(通常Windowsのインストールされているディレクトリです)
  • 本製品の運用には、暗号/復号するファイルより大きなサイズの空き容量が、ファイルのあるドライブに必要となります。
  • 暗号化対象がローカルディスク上のファイルではない場合は、暗号化/復号するファイルより大きなサイズの空き容量が、システム環境変数TEMP が設定されているドライブに必要となります。

注意事項・制限事項

  • NTFSファイルシステムのEFS(Encryption File System:暗号化ファイル・システム)により暗号化されたファイルは、自動巡回サービスでは暗号化できません。 暗号化したい場合は、EFSでの暗号化を解除してください。
  • InfoCage ファイル暗号とPointsec Media Encryptionを同一のPCにインストールして使用すると、外部メディアに書き込みを行う際にファイルが破壊される場合があります。 InfoCage ファイル暗号とPointsec Media Encryptionの共存はさせないでください。
  • Ver1.2 よりプログラムフォルダの構成を [NEC] - [InfoCage ファイル暗号] に変更しました。以前のバージョンからアップデートインストールを行った場合、プログラムフォルダは新しい構成に変更されます。
    変更前:[スタート] - [プログラム] - [InfoCage ファイル暗号]
    変更後:[スタート] - [プログラム] - [NEC] - [InfoCage ファイル暗号]
  • 本製品を海外で使用する場合、貿易審査が必要な場合がありますので、お問い合わせください。
  • 自己復号型暗号化ファイルを海外に送信する行為は、暗号技術の提供に該当します。ファイル送信元の自国の輸出規制に従って適切に管理いただく必要がございますのでご留意ください。
  • なお、日本から海外に送信する場合には、ファイルを送信する毎に輸出手続が必要となります。輸出手続に関しましてはお客様の会社のルールに従って行っていただく必要があります。
  • ※1Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチの適用をお奨めします。
  • ※2NEC iStorageNSシリーズでの動作をサポートします。

ページの先頭へ戻る