ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Event Report
  4. 「Internet+」時代における産業チェーン変革
ここから本文です。

「NEC Innovative Solution Fair 2015 中国」(2015年7月3日)

「Internet+」時代における産業チェーン変革

~NECのバリューチェーン・イノベーション実現に向けた取り組み~

2015年7月31日

NEC エンタープライズBU ユニット長 石井 力

NECでは、ビッグデータ、クラウド、ネットワーク、セキュリティの先進技術やインテグレーション力をベースに、「造る」「運ぶ」「売る」をつなげることによるバリューチェーン・イノベーションを進めています。これにより、安全、安心で快適な生活という新たな価値創造を目指しています。
今回は、「2015 NEC Innovative Solution Fair 中国」において講演いたしました、NECの考えるバリューチェーン・イノベーションと取組み(ソリューション)についてご紹介します。

NECの社会ソリューションへの取り組み

今後来たる2050年には、世界人口が増加し、都市化が進む中、エネルギーや食糧などの需要は現在の約2倍になると言われています。従って、地球をこれからも持続可能で公平に暮らせる社会にするためには、効率の良い、生産性の高い社会インフラを構築する必要があり、そこではICTが重要な原動力となると考えています。

また、この中国では、爆発的にオンライン通販が増えてきており、ユーザーはSNSを通じて様々な口コミをあげています。従来の計画経済から市場経済へと、消費者主導経済に変わりつつあると感じています。また、2000年以降の急速な経済成長により、都市部を中心に賃金が上昇しています。そしてネットは、個人の生活スタイルの変化をもたらしました。個人でネットを使って買い物し、自宅に届ける。それに伴い宅配の需要が増えています。また生活スタイルが多様化していく中で、24時間365日開店しているコンビニエンスストアが急速に発展しています。

グローバル競争に打ち勝つために

そうした環境の中、企業間での競争が非常に激化しています。その競争に打ち勝つために、 NECは、造る・運ぶ・売る、というバリューチェーン全体での効率化をICTで提供し、社会に貢献してまいります。

例えば、小売業に目を向けると、チャネルのマルチ化、消費者のニーズの多様化に対し、ニーズをICTで集め、安全、安心な商品や製品づくりにつなげ、そしてそれらをリアルタイムでお客様の望む時間帯に届けるラストワンマイルをICTの力で実現するなど、バリューチェーン全体で、人・モノ・プロセスにおいて新しい価値をICTでつくってまいります。

バリューチェーンにおいて、私どもNECが、これまでどのようなイノベーションを実現してきたかをご紹介します。

まず「造る」という観点では、生産ラインの装置において、故障する前にビッグデータを活用して、いつ故障が起こるかを予知し、故障が起きる前に保全をするということを実現しています。

また「運ぶ」という点では、SCMをしっかり実施していくためのソフトウェア、効率化という点では、画像と重量で検品をすることで、時間やコストを削減しています。

また、「売る」という点では、日本はもちろんですが、海外も含め、コンビニエンスストアにおいて、消費者が望んでいる商品をきちんとマーチャンダイジングする仕組みを、単品管理を中心にICTの力で実現しています。

NECが提供するバリューチェーン・イノベーション

NECは、「造る」「運ぶ」「売る」という、人々が生活する場において、 製造業のお客様には、小売業およびお客様の情報をきちんと生産ラインに返して、グローバルでの生産ラインの改革、そして、そこで造られた製品がお客様に届けられるまできちんとトレーサビリティしていくという価値を提供します。

そして、小売業のお客様には、効率よく届け、お店に商品が陳列され、お客様が買い物に来たときに困らないようにICTで24時間365日店を止めない仕組みを提供します。

提供価値を生み出すイノベーションのプロセスと、NECの世界最先端ICT

来たる「IoT」の時代に伴い、様々なものがネットワークにつながり、そのデータを収集し、たくさんのデータが集まる中で正しい分析をし、オペレーション・制御に返し、お客様に対して価値を提供していく。このプロセスイノベーションを、NECの最先端の技術で実現してまいります。

具体的には、NECは、ビッグデータを効率よく分析するための技術として、世界初の分析エンジンであるインバリアント分析や異種混合学習を保有しています。それを小売業での自動発注に活用し、人が考える発注よりも精度の高い発注技術を提供してまいります。
また製造業においては、IoT時代が本格化していく中、あらゆるものがつながり、データを収集・分析し、制御する一連のプロセスを、「NEC Industrial IoT」として体系化してご提供いたします。

こうしたお客様への価値を、「NEC Global Enterprise Solutions」として具体的に貢献してまいります。私どもは、これらの価値をしっかりと世界の皆様へ届けていくために、上海とマレーシアに、「Regional Business Support Center」を立ち上げました。

これからもNECは、社会のメガトレンド、テクノロジートレンドをふまえ、イノベーションの源泉となる先端のテクノロジーを、様々な研究機関・パートナーと共に研究し、継続して社会価値の創造を実現していきます。

写真

(2015年7月31日)

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る