ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. SDN活用研究所
  4. CASE06 あるセキュリティ担当者の場合
  5. SDN活用研究所「解決編」
ここから本文です。

SDN活用研究所

CASE 06 あるセキュリティ担当者の場合
「うちは大丈夫なんだろうな? 気軽に言ってんじゃねーー」

研究所からの提案:「セキュリティもSDNにおまかせあれ!」

イラスト:担当者

担当者

はっ! ここは???

イラスト:遠藤

遠藤

大丈夫ですよ。安心してください。びっくりしましたよ。ビルの前で倒れている人がいたから…。

イラスト:山田

山田

ここはSDN活用研究所じゃ。今、日本で最も話題の研究所じゃ!!

イラスト:担当者

担当者

SDN……。あぁネットワークの…。とにかく、すみません。助けていただいて。でも、もう大丈夫なんで…。

イラスト:山田

山田

ふっふっふっ…。待ちなさい。どうやら、おまえさんはセキュリティ担当者じゃな。

イラスト:担当者

担当者

なぜ? それを??

イラスト:遠藤

遠藤

寝ている間、ずっとうなされていましたよ。「情報漏えい」とかなんとかかんとか。

イラスト:担当者

担当者

そうですか…。お恥ずかしい。では、行きますね。ありがとうございました。

イラスト:山田

山田

待てと言っておろうが! おまえさんがうちの前で倒れたのは運命じゃ! その悩み、わしが解決してやろう!

イラスト:担当者

担当者

でも、SDNでしょ?? 確かにうちのネットワーク担当者も盛り上がってもますけど…。セキュリティには、関係ないじゃないですか…。

イラスト:遠藤

遠藤

だまされたと思って、少し、話を聞いてみてください。きっと損はしませんよ!

イラスト:担当者

担当者

……。

イラスト:山田

山田

実はな、最近、SDNをセキュリティに応用しようという動きが加速しているんじゃ。まぁ、わしのおかげじゃがな!

イラスト:担当者

担当者

そうなんですか?

イラスト:山田

山田

なにっ! 疑っておるのか! 間違いなくわしの手柄じゃ!

イラスト:遠藤

遠藤

いや。たぶん、そっちへの反応じゃなくて…。私が説明しますね。SDNは、ソフトウェアでネットワークを集中制御する技術。APIを通じて、アプリケーションと連動したネットワーク制御も行えます。例えば、ビデオ会議が始まったら、その通信に優先的に帯域を割り当てたりできるんです。では、セキュリティとネットワークを連動させるとどうでしょう?

イラスト:担当者

担当者

ウイルス対策ソフトが驚異を検知したら端末をネットワークから切り離したり…ですか? あやしい端末の切り離しは、現場に駆け付けて電源を切ったり、ケーブルを抜いたり、結構大変なんですよね…。

イラスト:山田

山田

そのとおりじゃ! おまえさん、なかなか優秀なセキュリティ担当者じゃな!

イラスト:担当者

担当者

はい、足には自信があります!

イラスト:遠藤

遠藤

いや。だから、そっちじゃなくて…。また、私が説明します。検知したら、瞬時に端末を隔離できるということは、当然、被害を極小化できるということです。ファイアウォールと連携するパターンもありますよ。不正な通信を検知したら、端末やネットワークセグメントを自動的に隔離したり、通信を遮断したりします。例えば、SDNの代表的なベンダーである、NECは、次世代ファイアウォールで有名なパロアルトネットワークスや総合セキュリティベンダーであるトレンドマイクロなど、様々なパートナーと共同開発を進め、ソリューションを提供していますね。

イラスト:担当者

担当者

なるほど! すごいですね。ネットワークとセキュリティを連動させるのは、確かに理にかなっています。でも……。やっぱり無理だろうな…。

イラスト:遠藤

遠藤

どうしたんですか?

イラスト:担当者

担当者

うちの上役たち、セキュリティ対策に対する理解が全然ないんです。「セキュリティは、現場にまかせたぞ」「この予算で頼む」と言ったり、とりあえず事故が起きていなければ、大丈夫なんだと思い込んで、予算を削れと言ってきたりするんです。
それに現場だって、丸投げされてもセキュリティに詳しい要員は限られているし、そもそもみんな、日々の運用業務で手いっぱいだし…。

イラスト:山田

山田

な~んじゃ、そんなことか。だからこそのSDNなんじゃろ~が。「保険」としか思われてないセキュリティじゃなく、ネットワーク運用にかかる負荷を下げてコストを削減したり、攻めの投資にもなるSDNの導入を申請すれば、上役たちも理解しやすいし、稟議も通りやすくなるんじゃないか?

イラスト:担当者

担当者

なるほど!! そっか! その手があったか!

イラスト:遠藤

遠藤

すっかり元気になりましたね! しかもSDNならネットワークをシンプル化し、可視化できるので、ネットワーク構成が複雑化していて、どこに、どんなセキュリティ対策をすればよいかわからない、といった問題も解決できます。SDNを活用することでセキュリティ対策も自動化できる部分があるから、スキルや人材に不安があっても安全性を高めることができますね。

イラスト:担当者

担当者

すごい!! ネットワークとセットにすることでセキュリティ対策を予算化しやすくなる上、要員不足の課題も解消! 忙しすぎる日々にもバイバイですか!

イラスト:山田

山田

そうじゃ! よし! そんじゃいくか! イチ、ニィ、サン!

イラスト:山田

山田

イラスト:担当者

担当者

ファイアーーーーーーーーーー!!!

イラスト:ファイアー!!

イラスト:山田

山田

さすがはセキュリティ担当者! “ファイア”ウォールのように、わしからの“通信”をビビッと“検知”しおったわ!

イラスト:遠藤

遠藤

セキュリティなんですから…。炎上はやめましょう…。 あちっ!

関連リンク

もうセキュリティ対策も大丈夫!?

画像

サイバー攻撃自動防御ソリューション

CASE01 ある大学法人の場合

CASE01 ある大学法人の場合

「ネットワークの再設定があるたびに徹夜の連続です…」

CASE02 ある製造業の場合

CASE02 ある製造業の場合

「仮想化で便利になったのはITだけじゃん!」

CASE03 花火大会にて

CASE03 花火大会にて

「あの日、もし携帯がつながっていたら…」

CASE04 あるサービスプロバイダの場合

CASE04 あるサービスプロバイダの場合

「ライバルに勝てるクラウドを作りたい!」

CASE05 あるアウトレットモール事業者の場合

「次世代店舗に最適なネットワークとは!?」

CASE06 あるセキュリティ担当者の場合

CASE06 あるセキュリティ担当者の場合

「うちは大丈夫なんだろうな? 気軽に言ってんじゃねーー」

CASE07 ある工場にて

CASE07 ある工場にて

「ネットワークケーブルの接続ミスで工場が止まる!」

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る