ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. SDN活用研究所
  4. CASE02 ある製造業の場合
  5. SDN活用研究所「解決編」
ここから本文です。

SDN活用研究所

CASE 02 ある製造業の場合
「仮想化で便利になったのはITだけじゃん!」

研究所からの提案:「仮想化環境にはもっと賢いネットワークが必要じゃ!」

イラスト:山田

山田

とうとう来た…。わしがおらんとサーバ仮想化もクラウドも十分な力を発揮できんと兄貴に思い知らせる時が…。

イラスト:担当者

担当者

?? なんの話ですか?

イラスト:遠藤

遠藤

まぁ気にしないで下さい…。それで、仮想サーバの追加や変更のたびに発生するネットワーク機器の追加、設定変更作業が大変なんですね。

イラスト:担当者

担当者

はい。そうなんです…。生産管理とか、販売管理とか、製造業っていろんなシステムがあるんですよ。仮想化でサーバを簡単に立ち上げられるようになったら、システム導入とか拡張とかが頻繁に発生するようになって…。もちろん、ネットワークも同時に工事しなきゃいけないんですが、社長からは「なんでネットワークだけ金がかかるんだ!」「なんで、そんなに時間がかかるんだ!」って言われてて…。

イラスト:山田

山田

サーバ仮想化のメリットを十分に活かせんというわけじゃな。だったら、ネットワークも仮想化してしまえばよいじゃないか!

イラスト:担当者

担当者

えっ? そんなことできるんですか?

イラスト:山田

山田

なんじゃ知らんのか!? 
これからはネットワーク担当者はもちろん、IT担当者にも必須の知識じゃぞ!

イラスト:担当者

担当者

すいません。ベンダーに任せっきりだったので…。

イラスト:遠藤

遠藤

じゃあ、簡単に説明しましょう。SDNという新しいネットワークの考え方があるんです。サーバを仮想化したみたいに、ネットワークもソフトウェアで制御し、ネットワークを用途単位で仮想化して、論理的に独立させてしまうんです。これで、今よりもっと“賢い”ネットワークを実現できるんです。

イラスト:担当者

担当者

ふむふむ…。研究所の名前にあるSDNってそういうことだったのか…。

イラスト:遠藤

遠藤

今、御社はシステムごとにいろんなネットワーク機器を導入して、それぞれにネットワークを構築していますよね。だから、システム追加に伴って仮想マシンが追加になると、ネットワークの物理的な工事が必要になる…。機器の台数もかなり増えているんじゃないですか?

イラスト:担当者

担当者

そのとおりです! お金もかかるし、運用も本当に大変なんです。最近は、工場の製造装置もネットワークにつながるようになってきたし…。工場で製造工程の管理をしている製造実行システムも、生産ラインが変わるとネットワークを組みなおさなきゃならないし…。

イラスト:遠藤

遠藤

ネットワークを仮想化できると、システム構築のときに既存の機器を論理的に割り当てるだけで、必要なネットワークを仮想的に構築できます。例えば、ファイアウォールなんかは集約(プール化)しておき、必要に応じて論理的に割り振ることができるので、台数を減らすことも可能ですよ。

イラスト:山田

山田

しかも、集中管理型なので設定自体もまとめてできて、機器ごとの設定変更なんかはいらんし、なんとネットワーク全体の見える化もGUIからできるのじゃ!

イラスト:担当者

担当者

え~!! かしこすぎるーーーーーーーっ!!

イラスト:遠藤

遠藤

さらにさらに、もしトラフィックが増加したりして、ネットワークを増強したくなった場合も、ネットワークを止めることなく、段階的に機器を追加していけます。

イラスト:担当者

担当者

…………。

イラスト:山田

山田

ん? どうした? 急に黙って。ふられた恋人のことでも思い出したのか?

イラスト:担当者

担当者

やっと、やっと…。SDNを使えば、やっとITと同じ土俵で勝負できるじゃないですか!!

イラスト:山田

山田

意外に熱い男じゃの! そうじゃ! SDNを使えば、必要なシステムを必要な時に即座に立ち上げられる! 経営からの要請に即座に対応できるICTを実現できるぞ! ネットワーク担当者の評価もずっと高まるじゃろ!

イラスト:担当者

担当者

で、で、で、何を導入すれば、そのSDNが実現するんですか?

イラスト:遠藤

遠藤

この分野で先行しているNECの「NEC SDN Solutions」は実績も多いですね。さっき説明した、仮想ネットワーク「VTN(Virtual Tenant Network)」の構築、システム変更に依存することのない、段階的な機器追加が可能なネットワーク、機器台数の削減、集中管理による運用の効率化を全て実現できますよ。

イラスト:担当者

担当者

でも、予算取れるかな…。

イラスト:山田

山田

段階的に機器追加していけるということは、スモールスタートができるということじゃからの。小さく始めてみてはどうじゃ?

イラスト:担当者

担当者

そうなんですね! 分かりました! なんか、俺も賢くなった気がするな~。SDN、NEC ~ルン~♪

イラスト:山田

山田

ところで「クラウド活用見直し研究所」というところを知っておるか? そこに…

イラスト:遠藤

遠藤

わーーーーーーー!!! 気にしないで下さいっ!! さぁ、早く帰ってネットワーク刷新の提案書でも書いたらどうですか!

イラスト:担当者

担当者

ん? そうですね! ありがとうございました!

イラスト:よしっ!!

イラスト:山田

山田

……。なんで? どうして? ぐすん…。せっかくのチャンスじゃったのに…

関連リンク

ネットワーク担当者の評価を高める!!

CASE01 ある大学法人の場合

CASE01 ある大学法人の場合

「ネットワークの再設定があるたびに徹夜の連続です…」

CASE02 ある製造業の場合

CASE02 ある製造業の場合

「仮想化で便利になったのはITだけじゃん!」

CASE03 花火大会にて

CASE03 花火大会にて

「あの日、もし携帯がつながっていたら…」

CASE04 あるサービスプロバイダの場合

CASE04 あるサービスプロバイダの場合

「ライバルに勝てるクラウドを作りたい!」

CASE05 あるアウトレットモール事業者の場合

「次世代店舗に最適なネットワークとは!?」

CASE06 あるセキュリティ担当者の場合

CASE06 あるセキュリティ担当者の場合

「うちは大丈夫なんだろうな? 気軽に言ってんじゃねーー」

CASE07 ある工場にて

CASE07 ある工場にて

「ネットワークケーブルの接続ミスで工場が止まる!」

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る