ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. WISDOMメンバーズResearch & Report リサーチ・チャンネル
  4. タブレット活用。その成功のヒントとは?
ここから本文です。

タブレット活用。その成功のヒントは?

2014年10月28日

写真

手軽なデバイスとして人気のタブレット端末。企業の導入目的、実際の導入状況、実際の活用実態、さらに効果や課題とは・・・。業務におけるタブレット活用を成功に導くヒントが、いま明らかに。

WISDOMメンバーズ Research&Reportは、NEC WISDOMメンバーズ会員を対象に、NECが実施した独自アンケート調査の結果レポートです。
アンケートテーマ:タブレット端末の業務活用について
有効回答数:683(調査実施時期2014年6月)

過半数を越える企業が、タブレットを導入済み。

タブレット導入状況

導入と一部導入を加えると、57%(390件)の企業がすでにタブレット端末を導入、活用中です。

利用者は、第1位営業担当者、第2位経営マネジメント層。

タブレット活用者タブレット活用者

導入企業の利用者は営業担当者や役員などのマネジメント層が中心。建設業や製造業などでは、現場作業担当者の利用もポイントです。

利用はメールやスケジュール管理が中心。使いこなしは、まだまだ不十分。

タブレット利用目的タブレット利用目的

現状では、メールやスケジュール管理、会議などのコミュニケーションツールとしての利用目的が中心です。また、電子カタログや会議ツールなど、ペーパーレスを目的とした利用も多いです。

導入成果は、営業力強化やペーパーレス化。

タブレット導入効果タブレット導入効果

導入成果を実感している企業は約50%程度。
営業力や接客サービス強化、ペーパーレス化や会議の効率化などを中心に、導入成果が現れています。

今後の導入意向は、Windows OS。

これまでの導入傾向はiOSが多かったですが、未導入企業の今後の意向は、Windows OSがiOSを越えています。また、導入済みの企業では、50台以下のスモールスタートが多くなっています。

タブレット未導入企業のタブレット導入意向タブレット未導入企業のタブレット導入意向

タブレット導入企業のタブレット導入台数タブレット導入企業のタブレット導入台数

導入に対する課題は、業務システム連携やセキュリティ。

未導入企業では、他にも利用目的や投資対効果の明確化などが、課題として挙がっています。

タブレット導入課題タブレット導入課題

ポイント

アンケート調査から見えたポイント

タブレット活用は、まだまだ不十分。
タブレットをもっと上手に、幅広く利用しませんか。

タブレットを導入済みという企業がすでに過半数を越えましたが、活用実態はメールやスケジュール管理などが中心で、十分に活用されていないのが現状のようです。また、業務システム連携やセキュリティ対策に課題を感じている未導入企業も多いようです。
営業力やサービスの強化、会議用ツールや人材教育ツール、ペーパーレス化といったアンケートの結果以外にも、タブレットにはまだまだ幅広い活用用途や導入効果があります。もっと多彩に、もっと積極的に活用してみませんか。

ポイント

タブレットの業務活用。成功へのヒントはこちら

タブレット活用で企業はこう変わる!

場所を選ばないスピーディな情報共有で、ワークスタイルを変革。
効果的な見せるプレゼンで、現場力をアップ。
正確ですばやい情報分析で、タイムリーな意思決定。

こんな企業に、こんな活用を

製造業では
設備保守や点検業務の品質を向上

流通業では
在庫管理や商品発注をスピードアップ

物流業では
配送や集配業務を効率化

金融・保険分野では
商品やサービスの説明ツールとして

教育分野では
PC活用教材や教育用ツールとして

NECなら業務システム連携も容易。セキュリティも安心!

タブレット活用の魅力や導入のサポート、
企業の活用事例などを紹介。

資料や画像、図面など、多彩な情報をタブレットに配信して現場力をアップ。

盗難や紛失、ウイルスなどのセキュリティ管理から煩雑な運用管理まで、安心の一括サポート。

ビジネスの効率化やワークスタイル改革に。
多彩なシーンで大活躍するNECのタブレット。

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

WISDOM

※本サイトに記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る