ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」
  4. ファイルサーバ発見サービス
ここから本文です。

Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」

ファイルサーバ発見サービス

2015年6月24日

限定100社! 無償で利用!ネットワーク上のWindows Server® 2003稼働サーバを漏れなく、すばやく、容易に特定 今回のテーマ:「ファイルサーバ発見サービス」

講師:ブロッカー大竹

講師:ブロッカー大竹
バレーボールでオリンピック出場を果たした高い身体能力を持つ大竹秀之。
身長208cmを活かした講義では、ビジネスにおけるパワフルな攻撃力と固い守りを生み出すことで知られている。
現在、NECでマーケティング担当部門に所属。

大竹

Microsoft® Windows Server® 2003のサポートが終了する2015年7月15日まで、いよいよ一ヵ月を切りましたね。対応は、進んでいますか?

情報システム部門 管理者

管理者:本社などの対策などは、順次進めて来ました。ですが、工場や拠点、部門などで独自に導入したり、増設したファイルサーバがあちこちに分散しているんです。我々が管理できていないファイルサーバも多く存在して、対応に頭が痛いんですよ。

大竹

つまり、Windows Server® 2003で動作しているファイルサーバが、きちんと特定できていないってことですか?

情報システム部門 管理者

お恥ずかしいんですが、その通りなんです。早く何とかしなくちゃと、思っていますが・・・。

大竹

サポートが切れたファイルサーバをそのまま使用していると、不正アクセスなどのサイバー攻撃、新種のウイルス感染など・・・。

情報システム部門 管理者

セキュリティリスクが高くなる。わかってはいるんですが・・・。

大竹

我々が行うバレーボールの試合でも、相手の弱点や穴を狙うというのは、攻撃の鉄則ですからね。サイバーアタックも同じですよ。

情報システム部門 管理者

サイバー攻撃などにより、企業や公的機関においてサーバからの情報流出などの事件も増えているし、2003バージョンのサーバを早く特定したいのですが、どうすれば効率的にできるのか・・・。

大竹

それなら、NECにピッタリのサービスがありますよ。

情報システム部門 管理者

えっ、そんなサービスがNECにあるんですか?

大竹

はい、社内ネットワーク上のIPアドレスとOS種別情報を収集して、Windows Server® 2003で稼働しているファイルサーバを見つけ出す「ファイルサーバ発見サービス」です。

情報システム部門 管理者

もっと詳しく、その「ファイルサーバ発見サービス」について教えてくれませんか。

大竹

「ファイルサーバ発見サービス」にお申し込みいただくと、NECから情報収集センサ機器が送られてきます。この機器をお客さまが調査したいネットワーク上に一定期間設置することで、ネットワークに接続されているファイルサーバなどの情報がセンサ内に蓄積されます。そしてお客さまよりご返送された機器からNECが情報抽出・解析して、その結果をご報告します。これによって、Windows Server® 2003で稼働しているファイルサーバがすばやく、漏れなく発見できるという訳です。
ファイルサーバ以外のWindows Server® 2003サーバや既に延長サポートが終了したWindows®XP PCが発見された例もありますよ。

情報システム部門 管理者

そりゃ、いいですね。で、そのサービスを利用するとファイルサーバの発見に、どれくらいの日数がかかるのですか?

大竹

お申し込みから結果確認まで、ネットワーク1セグメント(接続機器1,000台まで)の場合、約2週間です。

情報システム部門 管理者

ほう、それならサポート終了までに間に合いそうだ。

大竹

バレーボールの勝負も同様ですが、セキュリティ対策も己を知ることがまず大切です。
さらに、この「ファイルサーバ発見サービス」は、マイナンバー法対策の第一歩としても役立ちます。

情報システム部門 管理者

なるほどねえ。だけど、サービス利用価格は高いんじゃないですか?

大竹

サービスのご利用は、なんと「無償※」なんです。

  • 情報収集センサ機器のご返送時の送料は、お客さま負担です。お客さまへの貸出す際の送料はNECが負担します。

情報システム部門 管理者

え、サービス利用は「無償」!それは、「無性」にうれしいですねえ。

大竹

そう来ましたか(苦笑)。
情報収集機器の初期設定、設置、情報収集、解析の全部または一部をNECにまかせたい、また収集したネットワーク接続機器情報を社外に持ち出したくない、というお客さまには有償サービスもあります。

情報システム部門 管理者

そうですか。でも、わが社はやっぱり「無償」がいいな。

大竹

さらに、NECではファイルサーバ専用のストレージ製品とデータ移行ソフトウエアをセットにした製品「NEDAMバンドルモデル※」をご用意。これによりデータ移行が、簡単・高速・安全に行えます。

  • NEDAM:NEC Easy Data Migration for File Server

また、Windows Server® 2003で稼働しているAPサーバなどのシステム環境を仮想環境上に移行して一時的に延命して利用を続けたい、というお客さまのために「サーバ仮想化延命セット」もご提供しています。

情報システム部門 管理者

へえ、最新OSへの対応が遅れがちなわが社も、助かるなあ。

大竹

ところで申し遅れましたが、無償の「ファイルサーバ発見サービス」は、限定100社のお客さまが対象です。

情報システム部門 管理者

え、無償サービスは、100社限定なんですか!それ、早く言ってよー。申し込み、急がなくちゃ。

大竹

サービスのお申し込みは、サイトから簡単にできますよ。ぜひ、ご利用ください。

本日のまとめ

  • 「ファイルサーバ発見サービス」は、ネットワーク上に情報収集機器を設置し、Windows Server® 2003で稼働するサーバを見つけ出すサービスです。
  • サービスは、限定100社のお客さまに無償※でご利用いただけます。
  • お申し込みから、結果確認までの期間は約2週間です。
  • ファイルサーバデータ移行やAPサーバ延命に適した「サーバ移行パック」もご提供しています。
  • 情報収集センサ機器のご返送時の送料は、お客さま負担です。お客さまへの貸出す際の送料はNECが負担します。

(2015年6月24日)

関連資料ダウンロード

ファイルサーバ発見サービスの資料がダウンロードいただけます。

  • Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る