ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」
  4. NeoSarf/DM
ここから本文です。

Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」

NeoSarf/DM

2014年3月26日

通販とECのデータベースを一元化。 今回のテーマ:通販×EC リアルタイムな情報共有

講師:ブロッカー大竹

講師:ブロッカー大竹
バレーボールでオリンピック出場を果たした高い身体能力を持つ大竹秀之。
身長208cmを活かした講義では、ビジネスにおけるパワフルな攻撃力と固い守りを生み出すことで知られている。
現在、NECでマーケティング担当部門に所属。

大竹

今回のテーマは、通販やECビジネスを効果的に革新するソリューションです。
現在、ECの市場規模は年々2ケタ成長を続けていて、10兆円に迫る勢いです。日本のEC化は、今後も成長が期待される分野です。

通販担当者

そうなんだ。わが社では、これまでカタログ中心の通販システムを主体に健康食品を販売していたんだが、少し前からネット通販によるEC事業も手がけているよ。

大竹

では、その従来の通販とECの2つのシステムの間では、情報やデータがうまく連携したり、リアルタイムで共有されたりしていますか?
2つのシステム管理がバラバラで、何か困っていることなどありませんか?

通販担当者

そういえば、通販とECの問い合わせシステムがうまく連携されていないので、顧客管理がバラバラだったり、業務が重複したりと運用負荷も大きいという話は聞いているな。
あ、それから通販システムの方では在庫があるのに、自社ECサイトや、外部モールの方では商品が足りなくて販売チャンスを逃がすことも多いらしい。
そうはいっても、もともと別のシステムだし、仕方ないのかも。

大竹

困っていることがあるようですね。でも、あきらめることはありません。いい解決の方法があります。その答えは通販とECのシステムの統合化です。
NECには、業界で初めて通販とECのデータベースの一元化を実現した「NeoSarf/DM」というソリューションがあるのです。

  • DMとは、Direct Marketingの略です。

通販担当者

データベースを一元化するソリューション、「ねお、さーぶ」だって?

大竹

「さーぶ」っていうのは、コレです!

通販担当者

おっ、さすが元オリンピック代表。ポーズが決まってるねえ。
わかりましたよ、「さーぶ」ではなく「NeoSarf/DM(ねおさーふ)」でしょ。

大竹

そうです。「NeoSarf/DM」は、ECサイト構築100社以上、通販システム構築約40社という、NECのこれまでの実績をベースに生まれたソリューションです。

通販担当者

ほう。で、そのソリューションには、どんな特長があるんだね?

大竹

よーく、お聞きください。
「NeoSarf/DM」は、EC領域と通販領域のさまざまなフロント業務、商品や顧客などの販売管理、そして発注や入金管理などの基幹システム領域まで、EC・通販業務に関する機能を統合して提供します。つまり、DM全体の業務サイクルを一気通貫してカバーするのです。
しかも、レゴブロックのようにモジュール化した業務機能をコンポーネントとして組み合わせているので、機能の強化や追加なども簡単ですよ。

通販担当者

それは、いいなあ。それで、まだあるんでしょ、特長が。

大竹

まだ、あります。「NeoSarf/DM」は、電話やはがき、FAXはもちろん、パソコン、スマホ、タブレット、携帯電話など、幅広いチャネルに対応して、顧客情報や在庫情報、受注情報などさまざまな業務データを一元的に管理します。在庫情報もECと通販の双方をまとめて、リアルタイムで共有できるので、先ほどのような販売機会損失といった問題もなくなります。
また、お客さまは電話で頼んだ注文内容を、ネットで簡単に確認することもできます。

通販担当者

スゴイじゃないか。高齢のお客さまから、若いお客さままで、幅広いチャネルで対応できるだけでなく、さまざまな情報が一元的に管理できるなんて。
ねえねえ、まだ何か隠してない?

大竹

別に、隠しているわけではありません。「NeoSarf/DM」なら、商品など各種マスタが統合化されているので、運用や保守の負担も減らせます
また在庫情報などの共有により、ECサイトやコンタクトセンターで、問い合わせに対するタイムリーな回答や適切な対応も可能になります。
さらに・・・

通販担当者

さらにって、まだあるの?

大竹

マルチチャネル対応という特長を活かしてスマホやDM、電話など、個々のお客さまに適したプロモーションができるほか、ポイントやプレゼント、試供品配布などリピーター強化や販売促進のための機能も充実しています。
また、ECサイトでは、サイト画面のレイアウトやデザインを簡単に変更して、つねに新鮮さを維持できるツールを標準装備しています。

通販担当者

いいねえ。
これでは「NeoSarf/DM」を、導入したいという企業も多いんじゃないかな。

大竹

おっしゃる通りです。「NeoSarf/DM」導入のお客さまも増えていて、引き合いもかなりの数におよんでいます。
導入ケースとしては、通販とECのシステム統合をはじめ、EC単独や通販システム単独など柔軟な対応が可能です。
また、最近よく耳にするようになった、“オムニチャネル”を推進する上で採用いただくケースもありますよ

通販担当者

ま、まさか、導入企業って、ウチのライバル会社じゃないだろうね?

大竹

それは、お答えできません。ただ、お早めのご検討をお勧めします。

通販担当者

そうだな、さっそくウチも検討してみよう。今日は有意義なレクチャー、ありがとう。
ところで、大竹講師もわが社の健康食品を使ってみてはどうですか。ヒザの関節などに効果的だよ。今日はいい話を聞かせてもらった御礼として、大竹講師には特別にグルコサミンを大盛りにしてあげますよ。それとも、コンドロイチンの大盛りの方がいいかな?

大竹

その件については・・・、またの機会ということで。

本日のまとめ

  • 通販とECのデータベースを一元化した、業界初のソリューションです。
  • フロント業務、販売管理、基幹システム領域までトータルにカバーします。
  • 通販とEC領域の情報を連携して、在庫情報などリアルタイムな共有が可能です。
  • 業務機能はモジュール化しているため、変更や追加も容易にできます。
  • ポイントやプレゼントなど、リピーター強化を図る機能も充実しています。
  • オムニチャネルを推進するシステム基盤としても最適です。

(2014年3月26日)

関連資料ダウンロード

NeoSarf/DMについての資料請求、お見積もり、お問合せはこちらからお申込みください。

関連資料ダウンロード
会員登録(無料)が必要です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る