ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」
  4. 文書ファイルの暗号化サービス
ここから本文です。

Pick Up ソリューション「イチ押しゼミナール」

文書ファイルの暗号化サービス

2014年12月2日

「情報漏えいの不安を解消!安全な文書ファイルの共有を実現」
文書ファイル保護サービス

講師:ブロッカー大竹

講師:ブロッカー大竹
バレーボールでオリンピック出場を果たした高い身体能力を持つ大竹秀之。
身長208cmを活かした講義では、ビジネスにおけるパワフルな攻撃力と固い守りを生み出すことで知られている。
現在、NECでマーケティング担当部門に所属。

大竹

今回は、顧客の個人情報やプロジェクトの重要文書などの漏えい防止に役立つ対策についてお話しします。
現在、あなたの会社における文書ファイルの情報漏えい対策は、万全ですか?

企業経営者

もちろんだよ。
パスワードを使って文書の暗号化を行っているからね、重要文書の情報漏えいは心配ないよ。

大竹

ホントですか。
では、暗号化を解除した重要文書ファイルを、誤って第三者へメール転送したり、パソコンの紛失や盗難によって他の誰かに見られてしまう心配もないと、言い切れますか?

企業経営者

そこまでは、ちょっと・・・。

大竹

重要文書ファイルを平文のままやりとりしたり、持ち出したりするのは、もちろん危険ですが、暗号化したファイルの二次漏えいにも注意が必要なのです。
もし、機密情報が流出すれば事業や取引の停止、社会的信用の低下、莫大な賠償コストなど、会社の損失は計り知れないものがありますよ。

企業経営者

と、取引停止に、莫大な賠償コストだって!?おいおい、そんなに脅かさないでくれよ。だったら、いったいどうしたらいいと言うんだ?

大竹

それには、文書ファイルを高度にセキュリティ保護する必要があります。そこで、お勧めしたいのがNECの「企業間における文書ファイル保護サービス」です。
これはインターネットを利用し、登録メンバーだけで“暗号化された文書ファイル”の閲覧や編集ができるサービスです。

企業経営者

文書ファイルの閲覧や編集が、グループに登録されたメンバーだけに限られる・・・?

大竹

そうです。バレーボールのゲームで例えると、選手同士しか分からない手や指の動きで戦術などを互いに伝え合う、サインプレイに似ているかも知れませんね。
相手チームに内容が分からないように伝えるサインも一種の暗号化ですから・・・。

企業経営者

バレーボールの暗号化はともかく、そのNECのサービスについて、説明して欲しいんだが・・・。

大竹

NECの「企業間における文書ファイル保護サービス」では、まず、文書を共有したいメンバーを登録し、次に、Microsoft OfficeやPDFで作成した文書ファイルを高度に暗号化します。
暗号化されたファイルは、メンバーが独自に設定したIDとパスワードを使うことで、初めて閲覧や編集が可能になります。

企業経営者

もう少し詳しく、特長について教えてくれないか。

大竹

たとえば、メンバーがIDとパスワードで開いたファイルを上書きしたり、名前を付けて保存しても、文書の暗号化は、解除されず継続します。
そのため、保存した文書ファイルを誤ってメンバーが他者にメール送信したり、文書を保存したUSBメモリの盗難や紛失があっても、暗号化によって文書ファイルは保護されたままなので安心です。
さらに、登録メンバーに対して、閲覧・編集期限をつけたり、ファイルの上書きや印刷などの機能を無効にする設定を行うこともできます。

企業経営者

ほう、それなら安心だね。

大竹

メンバーの新規登録や削除も、管理者が簡単に行えます。
すでに暗号化された文書ファイルに対しても、メンバーの閲覧を禁止したり、新メンバーを追加することもできるんですよ。

企業経営者

メンバー構成も、柔軟に変更できるってわけか。

大竹

暗号化された文書ファイルは拡張子も変わらず、アイコンもそのまま使えるなど、ストレスのない利便性の高さも魅力です。

企業経営者

なるほど、日々の使い勝手もいいね。でも、ウチみたいな中小企業では、導入が難しいんじゃないかな?

大竹

いいえ。クラウドサービスでのご提供なので、構築費用がかからず、初期投資をおさえることができますよ。
しかも、特別なソフトウェアのインストールも不要で、Microsoft Officeとブラウザがあれば、すばやく簡単にサービスが利用できます
Microsoft社の基盤ソフトウェアを利用しているので、OSやOfficeの新バージョンにも迅速に対応できます。ですから、中堅中小企業にも最適なサービスなのです。

企業経営者

それなら、ウチでも手軽に導入できそうだな。

大竹

このサービスは、部内や企業内のグループはもちろんのこと、外部機関との共同プロジェクトメンバーによるグループなど、社内外や場所を問わずに、同じファイルを利用することができます

企業経営者

社内の人事や開発部門だけでなく、取引先や外部の研究機関とも安全にファイルのやりとりができるんだね。

大竹

その通りです。
情報漏えいをしっかりブロックするNECの「企業間における文書ファイル保護サービス」は、バレーボールの現役選手時代に固い守りで貢献した元ブロッカーの私が、自信を持ってお勧めするサービスです。
ぜひ、ご検討ください。

本日のまとめ

  • 社内外を問わず、登録されたグループメンバーのみで、暗号化されたファイルの利用が可能です。
  • 特別なソフトウェアは不要。Microsoft Officeとブラウザで、手軽に利用できます。
  • 名前を付けて保存などを行っても、暗号化したファイルの保護状態をそのまま維持します。
  • グループメンバーの構成も、いつでも簡単に変更することができます。

(2014年12月2日)

関連資料ダウンロード

文書ファイルの暗号化サービスの資料がタウンロードいただけます。

関連資料ダウンロード
会員登録(無料)が必要です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る