ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 海外現地法人レポート
  5. NEC台湾
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

海外現地法人レポート(NEC台湾)

2012年6月1日

台湾の文化のご紹介

大甲鎮瀾宮

台湾と聞くと、台湾のおいしい食べ物を思い浮かべる方もいれば、世界の有名メーカーより生産委託を受けているIT製品を思い出す方もいるかもしれません。あるいは、最近女子ゴルフで活躍するヤーニー・ツェン(曾雅?)を思い出す方もいるかと思います。

台湾は太平洋の北西部に位置し、2つのプレートが交差する場所にできた島国です。島の中央部に北回帰線が横切り、熱帯地域と亜熱帯地域がありますが、四季があり居住に適した場所です。また台湾の特殊な歴史的背景から、中国本土及び日本をはじめとする外来文化が融合した文化を持ちます。

では、台湾は一体どんな所でしょうか?皆さんに台湾の魅力を紹介したいと思います。

  • 101タワー
    まず、台北のシンボル「101タワー」です。
    101タワーは現代建築技術の粋を集めたビルで、高さ508メートル、2004年~10年まで世界一高いビルとしてギネスに認定されていました。世界最速のエレベータに乗って89階の展望フロアーに行き、台北市の全景を眺めることをお勧めいたします。


  • 大甲鎮瀾宮(だいこうちんらんぐう)
    続いて、台湾新幹線に乗って、台中市にある、台湾で最も有名なお寺・大甲鎮瀾宮(だいこうちんらんぐう)にお連れしたいと思います。

    台湾には、航海の神様として台湾でもっとも広く信仰される女性の神様である媽祖(まそ)を祀った寺が至る所にありますが、大甲鎮瀾宮は媽祖信仰でも最も重要なお寺の一つです。

    毎年旧暦の3月(媽祖の誕生日に合わせて)、10万人もの人が参加する「大甲媽祖の巡行」が行われますが、この大甲鎮瀾宮に祀られている媽祖が輿に担がれて、各地のお寺を8日間かけて巡礼されます。ですので、大甲鎮瀾宮は、大甲媽祖の巡行の時以外にも全国からの参拝者があとを絶ちません。

(左上)北京ダック夾餅(右下)甘草芭楽(漢方薬)

最後に、台湾最大・店の数も最も多く、人であふれかえっている「台中逢甲夜市(たいちゅうほうこうよいち)」を紹介します。

逢甲夜市は、逢甲大学の周囲にあるため学生向けの商業圏内となっています。したがって、食べ物に限らず、日常品、衣服、どれも安くてきれいです。特派員も早速皆さんにおいしいものを紹介したいと思います。

「豬血?、おいしいですよ!」

  • 北京ダック夾餅(ぺきんだっくジアピン)
    まず、北京ダック夾餅(パンに近いお餅で挟んで食べるもの)。わざわざ北京ダックの店に行く必要はありません。非常に安い価格で、北京ダックのぱりぱりの皮と肉を味わうことが出来ます!


  • 豬血?(チューシェガオ)
    続いて、台湾の伝統的な豬血?(豚の血を餅米と一緒に固めたもの)。名前を見ると皆さん驚くかもしれませんが、味は保証します。是非一度お試し下さい。できたてのアツアツ豬血?に醤油とピーナツの粉をまぶして食べれば最高です。本当に忘れられない味です。

  • 熊掌包、甘草芭楽(シォン・チャン・パオ、ガンツァオ・バーラー)
    他にも熊掌包(熊の手をかたどったパンを使ったハンバーガーのようなもの)、甘草芭楽(グアバ)等皆様に是非味わってもらいたい食べ物がたくさんあります。

    ただ唯一の欠点は、どれも10分以上並ばないと買えないということです。とにかく人が多いのが台湾の夜市です。

    他にもたくさん皆さんに紹介したい場所がありますので、是非とも台湾に遊びに来て、台湾を満喫してもらいたいと思います。

まとめ

台湾とNECの関わりは、長くて深いんですね。通信、コンピュータなど様々な分野のシステムを手がけているということも初めて知りました。

それにしても台湾の夜市、食べ物がどれもこれもおいしそう!私もぜひ行ってみたいです。海外からのレポートは今後も掲載していきます。次回をお楽しみに!

(2012年6月1日公開)

記事のご意見を聞かせてください。


この記事はいかがでしたか?


ご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。


  • ここで書き込まれた内容に関しては、返信は差し上げておりません。
  • ご提供いただいた情報は、弊社における個人情報保護に準じた取り扱いをいたします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る