ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 海外現地法人レポート
  5. NEC台湾
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

海外現地法人レポート(NEC台湾)

2012年6月1日

さまざまな分野のシステムを手がけています。

店舗システムが導入されているセブンイレブン台湾と鉄路局のチケッティングシステム

現在の社員数は、約500名。鉄路局(国鉄に相当)のチケッティングシステム及びオートゲートシステム、労工保険局・国民年金システム、セブンイレブン台湾・店舗システム(4,800店舗)、気象局・地震計などの国家レベルのプロジェクトも多数手がけており、台湾では有数のSIerとして認知されています。また、ACOSシステムも、現在、18ユーザで24台稼働しており、24時間365日体制で万全の保守体制を敷いています。

また、台湾の政府・民間が進めるスマートシティプロジェクトにも積極的に参与し、消防防災、鉄道、空港関係等の社会インフラ事業に加え、電子マネー関連ソリューションなど、新たな事業も進めています。

とりわけ、台湾で防災への関心が高まる中、NECが日本で培ったノウハウが、台湾政府・民間より非常に注目されています。

2011年11月には、NECが海外で初めて受注した、台湾中央気象局向け海洋総合観測システムが完成し、台湾の地震観測強化および周辺の環境観測に貢献しています。

〔参考〕

社長からのひとこと

大和 正幸 総経理

当社は今年、30周年という節目を迎えます。新しい時代に向け力強い一歩を踏み出すため、信頼性の高いソリューションプロバイダーを目指し、全社一丸となって取り組んでいます。

台湾でも、安心・安全、環境・エネルギー、交通・防災、電子マネー等、スマートシティ関連への関心は大きいと思います。日本本社をはじめ全世界のNECグループの総力を結集し、こうした新たな事業領域の開拓にチャレンジしていく所存です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る