ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 企業や行政機関の新たなサービス創出を支援! NECの「マイナンバーカードソリューション」
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

企業や行政機関の新たなサービス創出を支援! NECの「マイナンバーカードソリューション」

2016年7月4日

  • 小松さらに、顔認証などの生体認証と組み合わせることで、より厳格な本人確認をすることができるようになります。例えば、今コンビニで荷物を受け取るサービスも出てきていますが、その際も、“なりすまし”を防ぎ、確実な受け渡しができるようになるのです。その様子がわかる動画も用意したので、ぜひご覧ください。
  • 三田これはいいですね! 利用者にとってもすごく安心です!
  • あと、保険会社などでの顧客の異動状況(住所等の変更の「有無」の確認)の把握にもマイナンバーカードが活用できます。わたしたちが保険に入ると、定期的に「○○便り」や「○○通信」といった刊行物が届きますね。大手の保険会社さんは契約者数が膨大なので、その冊子が住所変更などで届けられないことを問題視されているのです。これもマイナンバーカードを活用すれば、顧客の住所や氏名の変更の有無をオンラインで事前に確認できるようになりますから、従来の損失を防ぐことが可能になります。
  • 三田保険会社はどのようにしてそれを確認できるのですか?
  • 小松保険会社は、申請時の顧客の電子証明書をオンラインで認証局に問合せるだけで確認することができます。保険会社さんに限らず、ダイレクトメールなどを出す会員ビジネスはほかにもいろいろありますから、そういった企業のコスト軽減にも大いに活用できると考えています。
  • 三田素晴らしいですね!

他社にない強みは?今後の展望は?

  • 三田次に、NECの「マイナンバーカードソリューション」の強みや特長を教えていただけますか?
  • 例の中でも少し触れましたが、一番の強みはやはり、世界No1(※)の精度・速度を誇る顔認証技術など生体認証と組み合わせて提供できることです。これにより、マイナンバーカード利用に欠かせない本人確認を、より厳格に、より利便性高く提供できます。
  • 小松また、マイナンバーカードを利用するためのシステム構築から、認証プラットフォーム、カードリーダライタなどのデバイス提供までトータルサポートできるところも強みだと考えています。そして、事業者などにすでにソリューションを提供した実績がある点でしょうか。
  • 三田というと、すでに導入している事例があると?
  • 小松はい。先ほど国家公務員の方が庁舎などに入館する際にマイナンバーカードを利用しはじめているとお伝えしましたが、そのシステムの一部はNECが提供したものです。また、各地の公共図書館向けに、マイナンバーカードで本の貸し出しサービス等をするためのシステムを提供していますし、行政機関向けに、コンビニのマルチコピー機からマイナンバーカードで住民票の写しなどの証明書を交付するためのシステムなども多数提供しています。
  • 三田すごい! そんなにいろんなところで、NECの「マイナンバーカードソリューション」が活用されていたんですね!
  • それで、最後にぜひ三田さんにご覧いただきたいのが、こちらの政府が掲げている今後のマイナンバーカード利活用のスケジュールです。

[拡大する]拡大するマイナンバー制度の利活用スケジュール

  • 三田いろいろ予定されているんですね。この中で特に注目しておきたい事柄はどれでしょう?
  • やはり一番インパクトが大きいのは、マイナンバーカードを健康保健証代わりに使えるようにしようという計画です。スケジュールの中の「健康保険証オンライン資格確認」と書いているところですね。これが実現すると、多くの人がマイナンバーカードを持つようになると思います。
  • 小松それに合わせて、政府が促進している「ワンカード化」も注目しておきたいですね。クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカード、診察券など、わたしたちが普段使っているさまざまなカードをマイナンバーカード一枚に集約していこうという構想です。
  • 三田そんなにいろんなカードが、マイナンバーカード一枚に集約される予定なんですか! 今わたしの財布の中ではいろいろなカードがあふれていますから、それが1枚で済むようになると、すごく助かります。
  • 小松あとひとつお伝えしたいのが、政府は今、スマートフォンなどに入っているICチップの「SIMカード」にマイナンバーカードの電子証明書を移す検討や、「デジタルwatashiアプリ」と呼ばれるスマートフォン用アプリの検討をしていることです。マイナンバーカードは便利なのですが、12桁のマイナンバー(個人番号)が記載されているため、人目につくところで出し入れしたり、持ち歩きたくないという方も少なからずいらっしゃるんですね。そこでスマートフォンを利用することで、自分に必要な情報だけを持ち歩けるようにするわけです。
  • 三田ということは、将来的には、スマートフォンでマイナンバーカードと同じような機能が使えるようになると?
  • 小松その可能性が高まっています。
  • 三田わー、そうなると、マイナンバーカード活用の場がさらに広がっていきそうですね! なんだか将来がすごく楽しみになってきました。原さん、小松さん、今日は貴重なお話をありがとうございました!
  • 原・小松こちらこそ聞いてもらえてうれしかったです。ありがとうございました。

まとめ
今回は、NECの「マイナンバーカードソリューション」についてお話を伺いました。ぼんやりと、マイナンバーカードは官民問わず利用できる、ということは知っていたのですが、今回の話を聞いてより具体的にイメージを持つことができました。マイナンバーカード活用の可能性の広がりにわたしはワクワクしてしまいました! 今後も注目したいですね。ではまた次回の「MiTA TV」でお会いしましょう!

(2016年7月4日公開)

記事のご意見を聞かせてください。


この記事はいかがでしたか?


ご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。


  • ここで書き込まれた内容に関しては、返信は差し上げておりません。
  • ご提供いただいた情報は、弊社における個人情報保護に準じた取り扱いをいたします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る