ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. NECのフラグシップデータセンター「NEC神奈川データセンター」に潜入!
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

NECのフラグシップデータセンター「NEC神奈川データセンター」に潜入!

2016年3月15日

みなさんこんにちは。今回は、NECのフラグシップデータセンターである「NEC神奈川データセンター」にお邪魔することになりました。NECは全国に約60ヶ所のデータセンターを展開していますが、その中で最新技術を駆使した2拠点をNECのフラグシップ(旗艦的)データセンターと位置づけているそうです。

日本全国に展開されているNECのデータセンターの地図です。東のフラグシップデータセンターが神奈川データセンター、西のフラグシップデータセンターが2016年4月に開設予定の神戸データセンターです。[拡大する]拡大する日本全国に展開しているNECのデータセンター

うわぁ来てみると大きい!
マシンフロアが約10,000m2で、サーバラックが3,000入るそうです。
さて、入館手続きですね。

入館登録のため、顔の情報を登録している写真です。顔の情報を登録。一瞬で完了!

手荷物を預け、まずはじめにデータセンター内で利用する顔認証のため、顔の情報を登録します。カメラを見ると、一瞬で私の顔が登録されました!次に金属探知機のゲートをくぐります。なんだか空港の搭乗手続きみたいですね!フラッパーゲートを通って、やっと中に入れました。不審者が入れないよう、厳重に入館管理されているんですね。まずは、応接に通していただき、見学の前のオリエンテーションを受けることになっています。

お話を聞いた相手:三森 健太朗(みもり けんたろう)さん
入社以来データセンター業務ひとすじ。プラットフォーム事業の次代を支える期待の若手。

キーワードは「効率」「安全・安心」「ハイブリッド」

  • 三森三田さん、ようこそNEC神奈川データセンターへ。
  • 三田入るまでに何度もチェックがあって大変でした。
  • 三森お客さまの大切なデータをお預かりするデータセンターですから、入館手続きも、館内のセキュリティも万全にしているのですよ。
  • 三田顔認証の登録もしましたが、どこで使うのでしょうか。
  • 三森それは後のお楽しみに!
  • 三田それではさっそく質問を。まず、NEC神奈川データセンターを開設された経緯を教えていただけますか?
  • 三森現在、世の中ではクラウドの活用がますます拡大していて、NECも多くのお客様にクラウドサービスを提供しています。
    そういったクラウドサービスをより安心して低価格でご利用いただけるよう、ここ神奈川にNECの持てる技術を結集したデータセンターを開設したのです。
  • 三田なるほど。これから中を拝見させていただくわけですが、NEC神奈川データセンターの特長はどういうところでしょうか?
  • 三森簡単な言葉で言いますと、「効率」「安全・安心」「ハイブリッド」の3つがキーワードです。
  • 三田「効率」「安全・安心」「ハイブリッド」ですね…。

効率 : トップクラスの省電力を実現する独自サーバと冷却技術

  • 三森まず1つめの「効率」です。データセンターはIT機器だけでなく、その他設備も含めて多くの電力を消費します。低価格の実現と環境への配慮のためにも、電力をいかに抑えるかが重要になります。
  • 三田何か特別なとりくみをされているのですか?
  • 三森はい。まずはNECが開発した専用サーバにより、サーバ設置スペースと消費電力を4分の1にすることができました!(※1)また、そのサーバを独自技術を用いて効率的に冷却することで、空調電力の使用をぐっと抑えることができています。詳細はのちほどご紹介しますね。

安全・安心 : 天災に強く、停電時も72時間連続稼働OK!

  • 三森そして2つめの「安全・安心」。すでに、セキュリティが強固であることは体験していただきましたが、安全・安心を提供するためには、立地も重要なんです。NEC神奈川データセンターは自治体のハザードマップの被害想定区域外であり、地盤もしっかりしていて地震などの災害には強いデータセンターです。さらに、都心からのアクセスも重要となります。

NEC神奈川データセンターの場所を示す地図安心・便利な立地条件

  • 三田そういえば、新宿から1時間かからずに来ることができましたね。
  • 三森はい。しかも、ここは万一の停電の時、発電用の給油も難しくなった場合でも最低72時間連続で運用が可能なのです。
  • 三田72時間というと…、まる3日じゃないですか!
  • 三森3日間大丈夫なデータセンターは首都圏ではそれほど多くはありません。また、24時間365日スタッフが常駐していますし、それに…、これは言ってもいいのかな(笑)?データセンターのスタッフの多くは、実はいざという時にはすぐに駆けつけられる場所に住んでいるんですよ。
  • 三田わー、それは安心ですね!大きな地震があった時など、交通機関がどうなるかわかりませんものね。
  • 三森またそれだけでなく、リモートの運用監視センターにいる専門要員も、24時間365日遠隔監視を行っています。このように何重もの災害対策・セキュリティ対策を行っているんです。
  • 三田安心・安全にすごく心を配っていることがよくわかりました!
  • ※1:当社比
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る