ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 世界をリードする先端技術
  5. 人工知能で、“人の判断”をサポートし、業務を効率化! NECの「RAPID機械学習」
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

人工知能で、“人の判断”をサポートし、業務を効率化! NECの「RAPID機械学習」

2015年9月15日

従来に比べ、モデルサイズを1/50、学習計算量を1/14に削減

  • 三田「RAPID機械学習」の特長について、もう少し詳しく教えていただけますか?
  • 友永実はNECの北米研究所では、10年以上も前から機械学習技術をずっと研究しています。もちろん、ディープラーニングの研究も盛んです。「RAPID機械学習」はそこで開発された技術をコアエンジンにしていますので、演算の仕方やアルゴリズムなどで多くの工夫が凝らされていて、高速・省メモリに動作するという特長があります。
  • 藤重例えば、北米研究所の検証では、従来の画像認識手法(競合最高位)と比べて、「RAPID機械学習」は、精度を劣化させることなく、モデルサイズを約50分の1、学習計算量を約14分の1に削減できることがわかっています。
  • 三田すごい! ということは、例えばパソコンなどでもさくさく動かせるということですね。
  • 友永さらにもうひとつ、NECが他社と大きく差異化できる要素があります。
  • 三田どういったことでしょう?
  • 友永一般的にディープラーニングのソフトウェアは、オープンソース(※)で作られているものがほとんどです。有名なものはいくつかありますが、そのうちのひとつに「Torch(トーチ)」というものがあります。その最新バージョンを、グーグルやフェイスブック、ツイッターなども利用しているのですが、 実はこの「Torch」は、もともとNECの北米研究所が開発したものなのです。 ※ソフトウェアの設計図であるソースコードを一般に無償公開しているソフトウェアのこと。
  • 三田え! そうなんですか!NECが開発したオープンソースをいろんな会社で使っているとは知りませんでした。
  • 友永北米研究所のホームページ(※)を見てもらうと、「Torch 5」に関する情報が公開されています。「RAPID機械学習」は、その「Torch」をベースに開発されているので、一日の長ではないですが、先進性という面でも、競合他社とは大きく差異化できていると考えています。
    ※「Torch 5」に関する情報

図版[拡大する]拡大する「RAPID機械学習」では、画面操作においても工夫を凝らしており、簡単に操作できるのも特長

さまざまな場面で、高度な“判断業務”を支援し、業務を効率化!

  • 三田「RAPID機械学習」がどのように活用できるのか、具体的に教えていただけますか?
  • 藤重従来、人がしていた高度な判断を、機械に代わりにしてもらったり、支援してもらったりといった用途で使えます。さまざまな用途で使えるのですが、特にニーズが高いのは「画像解析」と「人材マッチング」です。
  • 三田「画像解析」と「人材マッチング」ですか? どういった使い方をするのでしょう?
  • 藤重まず「画像解析」についてご紹介しますね。例えば海外では、ひったくりなどを防止するため、二人乗りバイクを防犯カメラの映像から検知したいというニーズがあります。「RAPID機械学習」で、カメラ映像から二人乗りバイクが通った場面やそうでない場面を学習させておくと、防犯カメラに二人乗りのバイクが映ったときに検知し、監視者にアラームなどで知らせることができます。
  • 友永今までは、監視員が24時間張り付いて監視しなければいけなかったのが、機械が支援することで、監視員はアラームが上がったときだけ対応すればよくなります。また、少人数で監視すればよくなるので、人件費を減らすことにもつなげられるかもしれませんし、より広範囲に監視することもできるようになります。
  • 三田それは警備会社なんかにはうれしいことですね!

図版[拡大する]拡大する監視業務において、機械が異常検出を代行・支援することで、業務の効率化や監視精度の向上に貢献

  • 藤重このほかにも、店舗内の監視カメラの映像から万引きしそうな人を見つけたり、工場の検品用のカメラ画像から不良品を検知したり、医療の診断精度を向上させたりといったさまざまな用途に使えます。ちなみに、医療の例は同じ北米研技術を用いた「e-Pathologist」もNECから製品化されています。がんの診断で使われますね。
  • 友永「RAPID機械学習」の画像解析を使えば、例えば、「楽しそう」とか「悲しそう」など、もっとあいまいな気分といったものも、カメラの画像や映像などから判別できるようになるかもしれません。人間が着眼点を教えにくいのだけど、でもなぜか人間には判別できるもの、そういったものと非常に相性のいい技術であると私たちは考えています。
  • 三田顔の表情ですと、例えばテレビ番組や映画が、視聴者に受けているかどうか調べるのに使えるかもしれませんね! では、「人材マッチング」での使い方は?
  • 友永「人材マッチング」は、適応分野としては主に人材仲介業や企業人事部です。例えば、中途採用の求職者さんと求人企業のマッチングですね。あとは、一般企業さんが新卒者を採用する際に、求職者をある程度フィルタリングして採用する人の作業を軽減するといった用途になります。

図版[拡大する]拡大する従来専門家が行っていた人と企業の高度なマッチング作業を自動化。業務効率化や成約率の向上を実現

  • 三田具体的に「RAPID機械学習」をどう活用するのでしょう?

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る