ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 世界をリードする先端技術
  5. 世界一の精度! 膨大なテキストデータを“意味”から分析するNECのテキスト分析技術
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

世界一の精度! 膨大なテキストデータを“意味”から分析するNECのテキスト分析技術

2015年7月29日

わたしたちの身の回りには、メールやSNSなど日々膨大なテキストデータ(ビッグデータ)が発信されています。このテキストデータを分析して企業活動などに利用したいというニーズが高まっています。実はNECでは、「テキスト含意(がんい)認識技術」と呼ばれる技術の研究に早くから着手し、国内外から高い評価を受けているそうです。

なんでもこの技術を使うことで、テキストデータを、企業活動のリスク監視や、製品やサービスに対するお客さまの声の分析など、さまざまなことに役立てられるそう。実はMiTA TVでも番組に対する大量の意見や要望などのメールやSNSのコメントを読んだり集計したりするのに、けっこうな時間が取られています。それが解消できるととても助かるなあ(笑)。というわけで、わたしたち番組スタッフも興味津々! どういう技術なのか、どういった用途に使えるのかなど、詳しいお話をたっぷりお聞きしてきました!

お話を聞いた相手:山本 康高(やまもと こうすけ)さん
「テキスト含意認識技術」をはじめとするテキスト分析技術のビッグデータ活用に尽力。現在は官庁自治体を担当している。

お話を聞いた相手:水口 弘紀(みずぐち ひろのり)さん
テキスト分析畑で活躍すること15年以上。現在は、「テキスト含意認識技術」をはじめとするテキスト分析技術のビッグデータ活用を目指し、日々尽力している。担当は民間企業。

基本は、2つの文章が同じ意味かどうかを判定すること

  • 三田はじめまして、山本さん、水口さん。さっそくですが、「テキスト含意認識技術」がどういう技術か教えていただけますか?
  • 山本まず、「テキスト含意認識」ですが、三田さんはこの言葉を聞いたことは?
  • 三田初めてです。
  • 山本ではそこからご説明しましょう。ここに2つの文章があったとします。ひとつが、「お客様のところでプレゼンだ」という文。もうひとつが「客先で発表だ」という文です。この2つは、字面は違いますが、意味を比べるとどうでしょう?
  • 三田似ていると思います。
  • 山本その通り。では字面は似ていますが、「お客様のプレゼン資料をもらった」という文ではどうでしょう?
  • 三田前の文章とは意味が違ってきます。
  • 山本今三田さんは、2つの文を比べて、同じ意味を含むかどうかを判定しましたね。そういった判定を行うことが「テキスト含意認識」です。そして、これをメールや報告書、SNSなどの大量のテキストデータで行うのが、わたしたちが提供する「テキスト含意認識技術」ということになります。
  • 三田難しそうな名前の技術ですが、基本は、2つの文章が同じ意味を含むかどうかを判定することというわけですね。
  • 山本その通り!

「テキスト含意認識技術」は、2つの文が同じ意味を含むかどうかを判定する技術です

どんなことに役立つのですか?

  • 三田気になるのが、そんなテキスト含意認識技術がどんなことに役立つのかということです。
  • 山本いろいろありますが、大きく2つのニーズに応えられるとわたしたちは考えています。そのひとつがメールなど大量に流れてくるテキストを「監視」したいという要望です。
  • 三田監視ですか?
  • 山本例えば、ある企業のリスク管理担当部門が、社員がコンプライアンスに反した行為をしていないか、報告書やメールをチェックすることで監視しているとします。従来であれば、管理者は大量の報告書やメールを読んでチェックしなければなりません。
  • 三田メールなんてすごい量ですよね!途方もない手間と時間がかかりますね。

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る