ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 世界をリードする先端技術
  5. 世界一の精度! 膨大なテキストデータを“意味”から分析するNECのテキスト分析技術
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

世界一の精度! 膨大なテキストデータを“意味”から分析するNECのテキスト分析技術

2015年7月29日

さまざまな場面で活用されているNECの「テキスト含意認識技術」

  • 三田みなさんにご紹介してもいい導入事例があれば教えてほしいのですが…。
  • 水口導入事例については、わたしからご紹介しましょう。
  • 三田お願いします。
  • 水口銀行・証券や製造業など企業向けビジネスを展開している企業では、テキスト含意認識技術を応用した「情報ガバナンス強化ソリューション」という形で利用してもらっています。ある企業では、「情報を有効活用するには、その前提として扱う情報を適正に管理するガバナンス整備が大切」との理由から、営業職員が作成する文書の中に厳格に管理すべき重要情報が含まれているかを即座に判定する仕組みとして利用していただいています。
  • 山本厳格管理すべき情報をより正確に把握できるようになったため、情報の漏えいリスクに気づくことができ、情報ガバナンスの強化につながると評価いただいています。
  • 三田いいですね!
  • 水口同じような監視の例では、談合やカルテルの危険のあるやりとりを検知するために、メール監視をしているんですね。メールの文中から、カルテルや談合に発展しそうなヒヤリハットの内容を探して、見つけたときは担当者に注意喚起することで、防止につなげようというわけです。
  • 三田お客さまの声などをまとめる用途での事例はありますか?
  • 水口製造業やサービス業などのコンシューマ向けビジネスを展開している多くの企業では、お客さまから聞いた要望事項をお客さまの声データとしてストックしています。ある企業では、お客さまの声を自動分析できるシステムを利用しています。これまで手作業で分類・整理していたお客さまの声を集めたテキスト文章を、製品サービスに関する内容など、見出しをつけながら自動でグループ化することが可能となります。これにより、顧客向けサービスの品質改善に一層注力できるようになり、顧客満足度の向上を実現できます。
  • 三田それは素晴らしいですね!
  • 水口その他では、コールセンターで利用されるケースが多いです。テキスト含意認識技術でお客さまからの不満や要望をまとめる時間を短縮することで、よりサービスや製品の改善に力を入れようとしている企業が多数あります。ちなみに今、コールセンターで利用を検討されている企業の中には、音声認識と組み合わせたいという要望もあり、NECではその実現に向けて動き出しています。
  • 三田オペレーターが記録したメモを分析するだけではダメでしょうか?
  • 水口もちろんオペレーターが記録したメモの分析もよいですが、これではオペレーターが気付いたことしか残っていません。そのためコールセンターの管理者からもっと幅広いデータを分析したいという意見があり、お客さまとオペレーターの会話から要望や不満を分析しようとしているわけです。
  • 三田活用できる分野が広がりそうですね。ぜひ、さまざまなところで活用されることを願っています。山本さん、水口さん、今日はお忙しいところありがとうございました!
  • 山本、水口こちらこそ、ありがとうございました!

まとめ
今回は、NECのテキスト含意認識技術についてお話を伺ってきました。ちょっと難しそうな名前でとっつきにくいかなと思ったのですが、お話を聞いてみると、基本の考え方はとてもシンプル。いろいろな場面での活用が期待され、なんだかワクワクしてきました。わたしたちの番組に寄せられるご要望や感想メールをまとめるときにも使えそうなので、今度上司にかけあってみようと思います(笑)。ではまた、次回の『MiTA TV』でお会いしましょう!

(2015年7月29日公開)

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

記事の内容についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

記事のご意見を聞かせてください。


この記事はいかがでしたか?


ご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。


  • ここで書き込まれた内容に関しては、返信は差し上げておりません。
  • ご提供いただいた情報は、弊社における個人情報保護に準じた取り扱いをいたします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る