ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 開始が迫るマイナンバー制度!企業が対応すべき義務と、課題を解決するソリューションとは?
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

開始が迫るマイナンバー制度!企業が対応すべき義務と、課題を解決するソリューションとは?

2015年5月25日

  • 小松ここで、今ご説明したNECの「企業向けマイナンバーソリューション」の特色を述べたいのですがいいですか?
  • 三田どうぞ。
  • 小松NECの「企業向けマイナンバーソリューション」は、お客様の要望にあわせ、最適な組み合わせで選べるということです。
  • 小松いろいろなソリューションが発表されていますが、マイナンバー対策でとくに手間がかかるのは、「マイナンバーを集める」「マイナンバーを提出する」という部分だと思います。この両方とも責任を持って、しかも、お客様の要望に合わせたスタイルで提供できるというところは、あまりないと思っています。
  • 三田「マイナンバーを集める」「マイナンバーを提出する」の両方に対応しているのですね。
  • 小松マイナンバーの収集が大変だから外注したい、それだけを求めるお客様は「BPOサービス」だけを選択していただく。一方、マイナンバーを自社で収集したい場合には、「ワークフローツール」として「EXPLANNER/FL(エクスプランナー・エフエル)」、もしくはクラウドサービスの「N-town(エヌタウン)※ワークフロー」を選択いただけます。
    • N-townは、NECが提供する中堅・中小企業向けのクラウドサービスです。

マイナンバー収集業務:提供形態による比較

  • 三田はい。
  • 小松さらに、「マイナンバーを提出する」というソリューション、これは法定調書の提出までサポートするものですが、こちらも要望に合わせて準備できます。
    マイナンバーを社内に持ちたくない企業はクラウド型のサービス「EXPLANNER for SaaS(クラウド型のEXPLANNER/Ai人事・給与)」や「N-town 給与」を選んでいただき、社内にデータを置いて管理したい企業は自社導入型の「EXPLANNER/Ai人事・給与」を選択いただく。
    ここに「BPOサービス」と組み合わせるかどうかの選択もできます。つまり、お客様の状況に応じていろいろなスタイルでご提供できるのが大きな特徴です。
  • 三田逆に言うと、企業自体がどうしたいかを判断するために、最初のコンサルティングが大切なわけですね。
  • 小松はい。そのコンサルティングも、半日ヒアリングさせていただき、2週間で実施するというコンパクトなスタイルで提供可能なのです。
  • 三田それは企業にとってはうれしいですね!
  • 小松ここまでご紹介したものが、「導入の準備」「制度への対応」、つまり企業の義務的対応に関わるソリューションです。

義務的対応だけでなく、ビジネス活用へ

  • 小松次の「制度のビジネス活用」のステップで提供するのは、新たなビジネス創出につなげる「個人番号カード(マイナンバーカード)ソリューション」です。
  • 三田義務的対応だけでなく、ビジネスに活かしちゃおう! ということですね。
  • 小松その通り。マイナンバー制度の導入で、2016年1月より、希望者に対して無料でICカード(マイナンバーカード)が配付されることはご存じですね?
  • 三田はい!前回伺いました。
  • 小松この「マイナンバーカード」については、総務省の認定を受ければ、民間企業でビジネスに活用していいということになっています。
  • 三田すごいですね!

[拡大する]拡大するマイナンバーカードソリューションの概要

  • 小松たとえば、マイナンバーカードを利用すればクレジットカード番号をWebサイトに入力せずにクレジット決済ができるとか、新たな事業が展開できる可能性があります。通販など会員ビジネスでも活用できそうですね。そこでNECの「マイナンバーカードソリューション」では、まずその総務省認定を取得するためのコンサルティングサービスもご提供します。
  • 三田まず、総務省認定を取得しないとダメなのですね。
  • 小松はい。そして「マイナンバーカード認証プラットフォーム」を構築するソリューションを提供します。さらに大切なことは、既存の稼働しているシステムときちんとつなぐことです。
  • 三田ああ、そうか。すでにみなさんは何らかのビジネスを行なっているわけで、既存のシステムがあるわけですね。それとスムーズにシステムをつなぎ合わせなくてはいけないんですね。
  • 小松そういうところはNECがもっとも得意とするところなのですよ(笑)。そのようなご要望をお持ちのお客さまには「既存システム接続対応支援サービス」をご用意しています。さらに、システム全体の「運用支援サービス」も提供します。
  • 三田義務的対応から、ビジネスの創出まで、NECのソリューションがすべて適切に対応するということですね。
  • 小松はい。しかも、要望に応じて最適な組み合わせを提供します。
  • 三田ありがとうございました。企業のみなさんも、あせらず、トップダウンでしっかりと取り組まれ、NECのソリューションを活用すれば、ビジネスの創出も検討できるとのことです。夢のある話なのですね! それではまた!

まとめ
いよいよ迫ってきたマイナンバー制度のスタート。しかし、むやみに焦らずに、トップを核としたタスクフォースを立ち上げて、適切なソリューションを組み合わせれば大丈夫と言うことがわかりました。今後もマイナンバーの情報については、随時発信していきたいと思います。ではまた、次回の「MiTA TV」でお会いしましょう!

(2015年5月25日公開)

アンケートにご協力ください。


NECでは、マイナンバーに関する調査を行っています。
今後の事業の参考にさせていただきますので、何卒ご協力をお願いいたします。

この記事の内容は理解できましたか


この記事を読んで以下の中で興味を持ったソリューションがありましたら教えてください


マイナンバーカードの民間企業における活用について、どのような利用シーンが考えられると思いますか?


お客様の業種を教えてください


ご協力ありがとうございました。

  • ここで書き込まれた内容に関しては、返信は差し上げておりません。
  • ご提供いただいた情報は、弊社における個人情報保護に準じた取り扱いをいたします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る