ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 4K放送を支える世界初の「次世代超高精細映像圧縮技術」に迫る!
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

4K放送を支える世界初の「次世代超高精細映像圧縮技術」に迫る!

2015年2月12日

みなさん、「4K」って聞いたことありますか? 今、家電量販店に行くと4K対応のテレビがずらっと並んでいますよね。わたしも先日、店頭で従来の映像と見比べてみて、その美しさにびっくりしました。実はNECでは、この4K放送を支える装置を世界で初めて開発したそうです。しかもこの装置の開発には並々ならぬ苦労があったのだとか。さっそくご担当者をたずね、詳しいお話を聞いてきました!

お話しを聞いた相手 蝶野 慶一(ちょうの けいいち)さん

お話を聞いた相手:蝶野 慶一(ちょうの けいいち)さん
NEC入社15年目のベテラン。「リアルタイム4K映像圧縮装置」の開発を担当した映像圧縮技術のエキスパート。

お話しを聞いた相手 石田 貴之(いしだ たかゆき)さん

お話を聞いた相手:石田 貴之(いしだ たかゆき)さん
「リアルタイム4K映像圧縮装置」の画質チューニングを担当した、入社7年目の若手のホープ。

そもそも「4K」って何ですか?

  • 三田こんにちは、蝶野さん、石田さん。みなさんが開発された装置について伺う前に、そもそも「4K」がどういうものか教えていただけますか?
  • 蝶野4Kとは、横方向に約4000画素、縦方向に約2000画素という非常にきめ細かい画素数を持った高精細映像のことです。ほんとうは「4K映像」というのが正しい表記ですが、一般的には三田さんのように4K、4Kと言っています。今電器屋さんにいくと並んでいる4Kテレビは横方向に4000画素、縦方向に2000画素ある高精細映像を映せるテレビということになります。
  • 三田ちなみに今、わたしたちが今見ている映像はどれくらいでしょう?
  • 蝶野地上デジタル放送でみなさんが見ている映像は、HD(High Definition映像)というもので、横が2000画素で、縦が1000画素です。1秒間に表示される画素数でいうと、4Kはこの8倍ぐらいあるのですね。そのため4Kは、画像のキメがとても細かく、奥行きがあり、まるで実物を見ているかのような臨場感があります。
  • 三田従来の映像の8倍とはすごいですね!
  • 石田ちなみに今、次世代放送推進フォーラムという団体が、「Channel 4K」と呼ばれる日本初の4K専用チャンネルの試験放送を行っています。124/128度CSアンテナと4K放送に対応したチューナー、4Kテレビを買えば誰でも見ることができます。
  • 三田みなさんが開発したのは、その4K対応のテレビやチューナーですか?
  • 石田いえいえ。わたしたちが開発したのは、テレビなどの映像を受け取る側の機器ではなくて、放送局から映像を送り出す側の技術や装置です。
  • 蝶野どういったものかを理解してもらうために、この図で、4K放送の全体の流れをつかんでもらいましょう。

テレビ局で4Kの映像を収録。そのデータを、HEVCエンコーダにより200分の1に圧縮してから衛星回線に流すイメージ図HEVCエンコーダを用いた4K放送

  • 石田左端は、4K放送用のカメラ機材などを使って番組を収録しているところです。その撮影した映像データを電波として通信衛星に送って、通信衛星からみなさんの家のテレビに届けるというのが全体の流れです。
  • 三田はい。
  • 蝶野ただ、4Kの映像データはとても大きいので、通信衛星にそのまま送ることができません。そこで映像を圧縮します。パソコンのメールで重たい画像を送るときには、zipファイルなどに圧縮してから送りますよね。あれと同じように映像を圧縮して送っているのです。
  • 石田わたしたちが開発したのはこの部分。4K映像を圧縮するための「超高精細映像圧縮技術」です。
  • 三田そういうことだったんですね!

次世代放送を支える「超高精細映像圧縮技術」

  • 三田「超高精細映像圧縮技術」とは、具体的にはどういう技術ですか?
  • 蝶野実は、従来の地上デジタル放送でも、映像データを約100分の1にまで圧縮して送出しています。通信インフラの通信速度には限りがありますから、画像を小さく圧縮して送らなければいけないわけです。ところが4Kの映像はお伝えしたように従来の映像よりも画素数が多い。ですから、従来の放送と同じ衛星回線を使って放送するためには、それの倍近く圧縮しないといけません。
  • 三田というと…約200分の1?
  • 蝶野その通り。ただし、圧縮することで画質を落としては4K放送を流す意味がなくなりますから、画質は落とせません。さらに、三田さんもご存じのようにテレビにはスポーツ中継などライブで映像を流すことがありますから、リアルタイムで処理できないといけません。つまり、ただ圧縮するだけではなく、画質を落とさず、リアルタイムで高圧縮する必要があるわけです。それを実現するのが「超高精細映像圧縮技術」です。
  • 三田なんというか、ものすごく難しそうです。どうやって実現するのですか?
  • 蝶野さまざまな技術を使っているんですが、いくつか説明しますね。
  • 三田お願いします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る