ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 人工衛星の自社一貫生産体制を実現! 「衛星インテグレーションセンター」
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

人工衛星の自社一貫生産体制を実現! 「衛星インテグレーションセンター」

2014年7月29日

今回は、NECの宇宙事業に関する大切な発表があるということで、府中事業場(東京都府中市)にお邪魔しています。NECでは、府中事業場の中に人工衛星の新工場である「衛星インテグレーションセンター」を新設したのですが、本日はその記者発表があるのです。

そこで今回は、記者会見の合間を縫って、「衛星インテグレーションセンター」の吉田さんに新工場についてお話をお聞きするとともに、建物内もご案内いただきます。会場にはマスコミの方がたくさんいらしていて、にぎやかな雰囲気です。MiTA TVも負けないようしっかりとインタビューしていきますよ!

お話を聞いた相手:吉田 達哉(よしだ・たつや)さん
水循環変動観測衛星「しずく」をはじめ、宇宙で活躍する人工衛星の開発に携わること多数の専門家。「衛星インテグレーションセンター」のセンター長を務める。

  • 三田はじめまして吉田さん。さっそくですが、「衛星インテグレーションセンター」は、どういったものなのでしょうか?
  • 吉田人工衛星の組み立てや評価・試験などを行うための新工場です。今までNECは、府中事業場や相模原事業場に人工衛星の生産拠点を持っていて、4機の衛星を組み立てる能力がありました。それが今回の衛星インテグレーションセンターができたことで、既存工場と合わせて、同時に8機まで組み立てられようになります。
  • 三田生産能力が倍になるわけですね。
  • 吉田その通り。すでに府中事業場の中にある衛星用の機器製造フロアから、歩いて1分もかからないところに、衛星インテグレーションセンターができたので、完成した搭載機器等を新工場に持って行き衛星の形に組み立てて、その場で試験することもできます。衛星システムの自社一貫生産体制が整ったわけですね。あれがセンターですよ(と、指さす)。
  • 三田わー、大きな建物ですね!

衛星インテグレーションセンターの外観

新工場の始動で新たなステージに立つNECの宇宙事業

  • 三田そもそものお話ですが、NECはどれくらい前から人工衛星の開発に携わってきたのでしょう?
  • 吉田1970年、日本初の人工衛星「おおすみ」の開発からです。
  • 三田40年以上も前じゃないですか!
  • 吉田はい。これまでおよそ70機の衛星を開発・製造しています。人工衛星そのものだけでなく、人工衛星を地上で管制するシステムや、宇宙から地球を観測して得られたデータを利用しやすい形に直すシステムなど宇宙に関わるあらゆるアセットに豊富な実績があり、様々な衛星や地上システムなど全て自製が可能です。
  • 三田すごい!

[拡大する]拡大するNECは宇宙に関わる全ての分野において豊富な実績があります

  • 吉田NECの宇宙事業の中でも、人工衛星に搭載する地球センサや通信装置などの機器(コンポーネント)については、世界で認められた存在になっていて、すでに世界200以上の人工衛星に7000以上の機器を供給しているんですよ。
  • 三田大変な実績があるんですね!
  • 吉田この衛星搭載機器と同様に、衛星システム全体でも評価を得て、世界中に広く提供していきたいというのが、わたしたちの今後の目的のひとつです。そのために、NEC標準衛星バスシステム「NEXTAR」を広く提供しようと考えているのですが、これについて少しご説明してもよいですか?
  • 三田お願いします。
  • 吉田人工衛星は、衛星本体となるバスシステムと、衛星の目的に応じて変更するミッションシステムから構成されており、その開発においては、人工衛星の目的に合わせて、お客様から様々な要求があります。NEC標準衛星バスシステム「NEXTAR」は、多様な要求に応える際に、衛星全体の設計を見直すのではなく、バスシステムを標準化しミッションシステムを取り替えるだけで目的にあった衛星ができる仕組みを提供します。
  • 三田一部を取り替えるだけで済むとなると、すごく効率がいいですね!
  • 吉田「NEXTAR」は、打ち上げ時重量500キログラムの小型衛星から3トンの大型衛星まで、3つのタイプをご用意しています。その3つのタイプは、コア部分に同じ標準プラットフォーム(※)を採用しています。車で例えると、種類の違いはあるけど、ハンドルやアクセルペダルの位置は同じといった感じですね。この3つの標準モデルをベースに、オプション機器の追加・置き換えや必要ソフトを追加することで、お客様の幅広い要求にお応えします。こうして、イージーオーダー方式で短期間、低コストで衛星システムを提供していこうと考えているんです。
    • 標準プラットフォームには、「SpaceWire(宇宙機向け通信規格)」、「SpaceCube2(宇宙用標準コンピューター)」などを搭載します

NEC標準衛星システム「NEXTAR」

  • 三田人工衛星を、短期間で安く提供できるようになるわけですね。そういった体制を整えつつ、新工場の新設になったと思うのですが、そもそもどうしてこのタイミングだったのでしょう?
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る