ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 人工衛星の自社一貫生産体制を実現! 「衛星インテグレーションセンター」
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

人工衛星の自社一貫生産体制を実現! 「衛星インテグレーションセンター」

2014年7月29日

  • 吉田いい質問ですね(笑)。実は今、新興国からの人工衛星の需要が高まっているのです。人工衛星が欲しいお客様もいれば、人工衛星を利用した災害監視や地球環境保護などで、国家レベルの課題解決に貢献したいなど多様な要望があります。そういった求めに応じるため、より自在に対応できる生産体制を今のうちに整えようというわけです。
  • 三田なるほど。
  • 吉田一方、新しい事業形態が生まれ始めていることも視野に入れています。日本政府からの発注は、これまでほとんどJAXAさんからの請負契約でしたが、今、民間企業に開発から組み立て、運用まで任せる「PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」型の事業要請が増えているんですね。こういった要請に積極的に対応していくためにも、新工場が必要だとわたしたちは考えたのです。
  • 三田いろいろな目的や意図があって今回の衛星インテグレーションセンターの新設につながったことが分かってきました。
  • 吉田お話ばかりでも分かりにくいでしょうから、実際に見学に向かいましょう。まだ設備が入っていないところもありますが、規模感や臨場感は十分伝わると思います。
  • 三田ぜひお願いします!

衛星インテグレーションセンター見学へ

  • 吉田センターに入る前に、白衣を着て、靴のうえからこのカバーを履いてください。頭にはキャップをかぶっていただきます(と手わたす)。では、中に入る前に、エアシャワーを浴びますよ。
  • 三田あ、扉が閉まって、風が出てきましたね! これは細かいゴミを落としているんですか?

入館前に、エアシャワーでゴミを落とします

  • 吉田はい。ゴミがセンター内に入るのを防いでいるのです。さあ、到着しましたよ!

衛星インテグレーションセンター内

  • 三田中に入ると、ものすごく広くて、天井が高いことが実感できますね! サイズはどれくらいあるんですか?
  • 吉田高さが約50メートル、フロア面積は9,900平方メートルで、天井高20メートルを超す衛星組立室を備えるなど、大型衛星にも対応できる構造になっています。さらに震度6強の耐震性があるとても堅牢な建物になっているんですよ。まず「振動試験設備」を見てもらいましょう。

大型衛星にも対応した「振動試験設備」

  • 三田「振動試験設備」ということですが、ここは何をするための部屋ですか?
  • 吉田ロケットの打ち上げというのは、かなり振動があるため、人工衛星自体が揺れるんですね。その揺れに耐えることを確認するための部屋です。「加振機」といって、横、あるいは縦に人工衛星を振動させる装置があるのですが、それを設置します。今、我々が設置しようとしているのは、8トンくらいまでの人工衛星を加振できる装置で、ほぼ世界の大型の人工衛星はその範囲内に入っています。そのため、どんな大きさの人工衛星でも加振できるようになります。
  • 三田どれくらい揺れるのでしょう?
  • 吉田周波数でいうと、5ヘルツから2000ヘルツくらいです。実際の打ち上げのときには、この範囲の振動がかかるんですね。
  • 三田ずいぶんと天井が高いんですが、これはなぜですか?
  • 吉田人工衛星を加振台のうえに載せないといけないのですが、それはクレーンで吊って乗せるのですね。大型衛星等だとその高さが10m近いものもあるので、吊り上げるためにはある程度天井が高くないといけないわけです。あと、この部屋だけ他の部屋と違うところがありますが、何か分かりますか?
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る