ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 過酷な状況下でも情報伝達を継続!陸上自衛隊向け「野外通信システム」
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

過酷な状況下でも情報伝達を継続!陸上自衛隊向け「野外通信システム」

2013年12月18日

みなさん、今日はNECの防衛事業に関する大事な発表があるということで、府中事業場というところにお邪魔しています。マスコミの方や防衛省の方もいらしていて、いつもの雰囲気とは違った取材で、ちょっと緊張していますが、がんばってお伝えしたいと思います。今日伺う発表は、陸上自衛隊が野外で使用する「野外通信システム」のお話です。

自衛隊の皆さんは、災害時の救助や復旧のため、そしていざというときには国土を防衛するという大切な任務に就かれています。災害や国土の防衛という特別な状況下で、野外で活動する隊員の方たちに正確な情報や指示を伝えること、また、隊員の方たちから現場の状況をリアルタイムで伝えてもらうことが必要になります。通常、わたしたちが生活やビジネスで使っている通信システムとは、違う次元の機能が求められているんですね。

お話を聞いた相手
防衛ネットワークシステム事業部
Aさん

「野外通信システム」の開発メンバーの一人。ソフトウェア無線通信の専門家。自衛隊向け以外のユニークな商品開発も手掛ける。

NEC府中事業場では、主に放送局の放送システム、航空管制システム、人工衛星などインフラを支えるシステム・機器、大型コンピュータなどを手掛けています。ここに、「野外通信システム」のお話を聞きに来ました。記者会見の会場にはマスコミの方たちもたくさん! MiTA TVもがんばらなくちゃ。

  • Aさん最初に「防衛通信」の特徴について説明させていただきます。まず「自己完結性」というのが、民間との大きな違いだと思います。災害時に自衛隊が出動する場面では、インフラが被災している可能性が高く、携帯電話などの民間の通信インフラなどには頼ることができません。初動から撤収まで自給自足の通信システムが求められます。そして「秘匿性」。セキュリティの高さは必須です。そして、ちょっと耳慣れないかも知れませんが、「スーパー・ミッション・クリティカル性」ということが求められます。
  • エリー「ミッション・クリティカル」って言葉は聞いたことがあります。金融システムみたいに、止まってはいけない高い信頼のシステムってことを思い浮かべます。そこに「スーパー」がつくということは、さらに、もっと高い信頼性が求められるっていうことですか?
  • Aさんその通りです。防衛時の緊迫した状況では、一瞬でも連絡が取れなくなってしまったり、データが間違ったりすると大変なことになってしまうので、通信システムには、特別に高い信頼性が求められるのです。また、「劣悪な使用環境」で使われることを前提にしなくてはなりません。大雨や嵐の中で活動しなくてはならない時もありますからね。
  • エリーたいへんなお仕事ですね…。特別な状況で活動されるって事はよくわかります。
  • Aさんそんな陸上自衛隊の「防衛通信」に、NECの「野外通信システム」が使用されているのです。まず、機器を見ていただきましょう。「広帯域多目的無線機」は隊員の方が身体に装着して持ち歩き、音声やメールなどの情報共有に使う「携帯用Ⅱ型」。そして、同じく指揮官などが装着して使う、送信出力が大きい「携帯用Ⅰ型」。そして、ヘリコプターなどで使われる機上用、車両や戦車などに搭載される「車両用」があります。
  • エリーAさん、「携帯用Ⅱ型」は、トランシーバーみたいな、ハンドヘルド型ですね。「携帯用Ⅰ型」は、バックパックみたいになっていて背中に背負うものです。どちらもスマートフォンみたいな装置がついていますね。また、「車両用」にはタブレット端末みたいなものがついていますね。

広帯域多目的無線機_携帯用Ⅱ型

03_広帯域多目的無線機_携帯用Ⅰ型

広帯域多目的無線機_携帯用Ⅰ型 ※背負っているところ

広帯域多目的無線機_車両用

  • Aさん以前の無線機は「ハードウェア無線機」で、様々な電子回路を組み込んだハードウェアそのもので無線を処理していました。しかし、それだと新しい機能を追加するたびに、改造やハードウェアの追加が必要となってしまい、コストが高くなってしまいます。加えて、将来的に航空自衛隊、海上自衛隊などと通信を統合していこうというときに、せっかく買った無線機をまた買い換えなきゃいけないというは非常に大変ですよね。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る