ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 世界をリードする先端技術
  5. 音響信号処理技術「EuphoMagic」の秘密に迫る
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

雑音がある環境でも快適な通話を実現し、音声認識率が劇的にアップ! NECの音響信号処理技術「EuphoMagic」の秘密に迫る

2013年9月30日

お話を聞いた相手 宮原 良次(みやはら・りょうじ)さん

携帯電話やスマートフォンで通話するとき、通話相手の周りの雑音がうるさくて、声が聞き取りにくいことはありませんか? また「音声認識」も、ガヤガヤした場所だと、マイクに向かって声を出してもほとんど正しく認識してくれません。わたしはいつもイライラしてしまいます。

何とかならないかなと思っていたら、NECがこういった雑音を取りのぞく最新の音響技術を開発していると聞いてびっくり。それが今回の「EuphoMagic(ユーフォマジック)」です。通話中の雑音を大幅に減らしたり、「音声認識」をしやすくしたりできるうえ、独自の新技術も開発済とのこと! さっそく詳しいお話を聞くため、「EuphoMagic」研究開発チームのみなさんに直撃インタビューしてきました!

お話を聞いた相手:宮原 良次(みやはら・りょうじ)さん
音の信号処理の専門家。現在「EuphoMagic」に研究開発チームに所属し、ノイズキャンセラ、ノイズサプレッサなどに使われている、主に通話中のノイズ消去・抑圧に関する技術の研究開発にたずさわっている。

お話を聞いた相手:辻川 剛範(つじかわ・まさのり)さん
「EuphoMagic」の研究開発チームに所属。NECに入社して以来、雑音環境下における音声認識に関する技術の研究開発にたずさわり続けてきたその道の専門家。

  • 三田はじめまして宮原さん、辻川さん。さっそくですが、「EuphoMagic」とはどういうものでしょう?
  • 宮原EuphoMagicは、一言でいうと、様々な音響信号処理技術をまとめた集合体となります。これだけだと分かりにくいと思うので、少し詳しくご説明しましょう。まず三田さんに質問です。音声を認識できるものは大きく分けて2つあるのですが、何だと思いますか?
  • 三田人間と…あとはなんでしょう。
  • 宮原もうひとつは機械です。スマートフォンやカーナビなどですね。人が認識するにしても機械が認識するにしても、必要な音だけを相手に届け、情報を伝わりやすくするのがわたしたちの目的になります。
  • 三田なるほど。
  • 宮原ところが、広い空間の中では伝えたい音声の他に、いろんな音が発生します。すると、マイクはいろんな音を雑音として拾ってしまいますよね。必要な音声でない雑音が入ってしまうと、相手は理解しづらくなります。そこで必要な音声だけを伝えるために、雑音を減らすなど、いろいろな技術を使って音響信号を処理する必要があるんです。
  • 三田そういった音響信号を処理する技術が集まったものがEuphoMagicというわけですか?
  • 宮原その通り。そしてその仕組みは、人間に伝えるときと機械に伝えるときの大きく2つのパターンあります。それぞれ処理の仕方が違うので、まずは音声を人に伝える場合についてお話ししますね。

音声を「人間」に伝える場合

  • 宮原音声を人に伝える場合、周りの雑音を消したり減らしたりするための「ノイズキャンセラ」や「ノイズサプレッサ」、そして不快なエコーやハウリングの音を消すための「エコーキャンセラ」などを組み合わせます。ところで三田さんは今日スマートフォンをお持ちだと思いますが、マイクが2つあるか見てもらえませんか?
  • 三田マイクが2つ、ですか?(と、ポケットから出して探すと…)ありました! 口元のところと、上部にもマイクが付いています。
  • 宮原実は、最近のスマートフォンや携帯電話などは、口元と上部の2ヶ所にマイクが付いているものが多いんです。
  • 三田どうしてマイクが2つ付いているんでしょう?
  • 宮原スマートフォンでハンズフリー通話をするときに、マイクとスピーカが近すぎる場合に「キ~ン」というハウリング音が出てしまうため、集音用のマイクを上部のマイクに切り替えて使うという用途があるんです。
  • 三田なるほど。
  • 宮原そしてもうひとつ、効率的に雑音を減らすためでもあるんです。この2つのマイクを使うのが、雑音を大幅に減らす「ノイズキャンセル」という技術なんですが、とても重要な技術なので詳しくご紹介しましょう。
  • 三田どうやって雑音を消しているんでしょう?
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る