ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 世界をリードする先端技術
  5. ネットワークの新潮流「OpenFlow」の知られざる世界に迫る
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

ネットワークの常識を変える! ネットワークの新潮流「OpenFlow」の知られざる世界に迫る

2013年6月5日

  • 木梨ProgrammableFlow は、OpenFlowの技術をもとに、ネットワークを「仮想化」「可視化」「シンプル化」するという3つの特長を加え、よりスケーラブルでプログラマブルなネットワークを目指したNECの技術です。
  • 三田「仮想化」「可視化」「シンプル化」…? スケーラブル、プログラマブル?
  • 木梨簡単に言うと、ネットワークを仮想的に定義することができて、それがどうつながっているのか目で見てわかり、ネットワーク構成もシンプルにできるということです。ちなみにOpenFlowを用いた製品(※)を作ったのはNECが世界初、実際に企業に導入したのもNECが世界初なんですよ。

    ※ProgrammableFlowを実装した企業向け製品は「UNIVERGE PFシリーズ」となります。

通信経路を可視化して、運用管理者の負担を軽減します(可視化)

物理構成を意識しない仮想ネットワークを実現(仮想化)

増大にあわせてネットワークを柔軟に拡張できます(シンプル化)

  • 三田そうだったんですか。でも、たくさんの企業がOpenFlowの標準化に参加している中で、どうしてNECは他社に先駆けて製品を作ることができたんでしょう?
  • 木梨早くからOpenFlowの可能性に着目し、積極的に取り組んできたからです。OpenFlowは、米国スタンフォード大学やNECなどが集まった共同研究から始まったものだし、先ほどお話した標準化団体ONFにも、NECは創立時から参加しています。それにNECは、コンピュータとネットワーク両方の技術を持つ、世界でも数少ない企業ですから。
  • 三田なるほど。では、今はどうなのでしょう? 他社も製品を出しているんですか?
  • 木梨はい、今では他社もOpenFlowを用いた製品を作っていますが、研究所や大学などの研究用途から導入しているようです。一方NECは、商用、つまり実際に企業の業務に使ってもらうことにこだわっています。というのも、企業で業務に使用すると、実験室ではわからない、思いもしないことが起こるからです。
  • 三田思いもしないこと、ですか?
  • 木梨例えば、予想していた以上に特定の回線に情報量が偏っているとか、利用者も知らなかったデータの流れが発見できるとか…そのようなものが「思いもしないこと」です。このような、研究用途では得られない貴重な経験をもとに、お客様と共に製品を改善し、新機能の開発に取り組むことによって、よりよい製品にしていくことができます。だから商用環境での利用にこだわるんです。NECはこうして集めた情報を製品に反映するとともに、ONFでの標準化にも貢献しています。決してノウハウを独占することはしません。
  • 三田他社に知らせない方が、NECにはメリットがあるような気がするんですが…。
  • 木梨いえいえ。オープンにすることは、様々なメーカーが参入できるので、新たな製品やサービスが生まれ、お客様にとってのメリットになります。このような流れは市場の活性化と拡大につながるので、ベンダにとっても大きなメリットになるはずです。
  • 三田なるほど。だからNECが商用化にこだわって先頭を走り、OpenFlowの市場を引っぱっているわけですね。
  • 木梨その通り! ちなみにNECは、データセンタ、大学、官公庁、金融機関、通信事業者など、世界中ですでに100システム以上のOpenFlowの導入実績があるんです。その中でも、わたしたちの製品を導入いただいた日本通運様からは、年間約600万円かかっていたネットワークの設定変更の外注費用がゼロになったとご報告をいただきました。また、院内ネットワークの運用負荷を減らすために導入いただいた金沢大学附属病院様からは、ネットワークの運用管理のうち人的なコストが「5分の1になる」という試算もいただいているんですよ。

日本通運様のProgrammableFlow導入効果

  • 三田導入いただいたお客様で、しっかりと成果を出しているわけですね。なんだか新しいネットワークの大きな波が来ているようで、ワクワクしてきました!
  • 木梨もちろん従来のネットワークにもいいところはたくさんあるので、今までのネットワーク全てをOpenFlow化すればよい、というものでもありません。そこは誤解していただきたくない点です。お互いのよい面を活かしながら、適材適所でさらに便利なネットワークを構築できればと考えています。
  • 三田ぜひ頑張って世界をリードしてください! 今日は貴重なお話をありがとうございました。
  • 木梨こちらこそ、最後までお付き合いいただきうれしかったです。ありがとうございました。

まとめ
今回は、ネットワークの新しい流れ、そして新しいネットワークの技術を代表する「OpenFlow」とそれを用いたNECの技術「ProgrammableFlow」についてお話をお聞きしました。普段はまるで意識していないネットワークの重要性もわかったし、そこにいろんな課題があることも知りました。それを解決するために、たくさんの企業が一緒になってOpenFlowの標準化に取り組んでいて、そんな中でNECはトップランナーとして周りを引っぱっているんですね! ネットワークが今後どうなっていくのか注目していきたいと思います。では、次回の「MiTA TV」でお会いしましょう!

(2013年6月5日公開)

関連リンク

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

記事の内容についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

記事のご意見を聞かせてください。


この記事はいかがでしたか?


ご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。


  • ここで書き込まれた内容に関しては、返信は差し上げておりません。
  • ご提供いただいた情報は、弊社における個人情報保護に準じた取り扱いをいたします。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る