ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 「がんらしさ」を見つけるNECの病理画像解析システム
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

知られざる医療とICTの“今”! ~「がんらしさ」を見つけるNECの病理画像解析システム

2013年3月21日

前回に引き続き、医療とICTの関係を探ってみましょう。今回は意外と知られていない「病理医」を支援するシステムについてのお話です。みなさん「病理医」という言葉を聞いたことがありますか? わたしはこの取材ではじめて知りました。実はとても責任のあるお仕事をされているお医者さんなんですね。病理医がどんなお仕事をされているかは、この後ご説明いただくとして、医療の現場では今、この病理医が不足して困っているそうです。

そこでNECでは、画像認識技術を使って病理医を支援するシステムを開発したというのです。それが病理画像解析システムの「e-Pathologist(イーパソロジスト)」です。いったいどんなシステムなのでしょうか? 詳しい話をお聞きすべく、開発者である山下さんに直撃インタビューしてきました。

お話を聞いた相手:山下 慶子(やました・よしこ)さん
画像解析のスペシャリスト。病理医から最前線の病理学を学び、「e-Pathologist(イーパソロジスト)」の根幹である医用画像解析技術を担っている開発者。

  • 三田はじめまして山下さん。さっそくですがe-Pathologistとはそもそもどういったものか簡単に教えてくれますか?
  • 山下すごく簡単に言うと「病理医を支援するシステム」ですが、みなさんあまり病理医になじみがないと思うので、病理医についての説明をまずさせてもらえますか?
  • 三田ぜひお願いします。
  • 山下例えば三田さんの胃の調子がちょっとおかしくて、病院で内科のお医者さんに診てもらい、内視鏡による検査を行うことになったとしましょう。それで、もし胃の中にがんらしきところがあると、内科のお医者さんは「がんかもしれない」と考えるわけです。ですが内科の先生はあくまで「がんかもしれない」までしか判断できません。それで胃のがんらしき組織を少し内視鏡で切り取って、顕微鏡で観察する別のお医者さんに渡すんですが、それが病理医です。
  • 三田そうだったんですね。知りませんでした。
  • 山下病理医は、スライドガラスに載せられた組織を顕微鏡で観察して、組織や細胞の様子から、がんかどうか診断します。そのレポートが内科のお医者さんにわたって、三田さんに診断が伝えられるという流れです。ちなみにがんの診断の他にも、放射線治療をしたらいいのかどうか、抗がん剤で治療した方がいいのか、ホルモン療法の治療がいいのかといった診療方針も病理医の判断で決まります。

[拡大する]拡大する病理医は、病理組織が載ったスライドガラスを顕微鏡で観察して診断しています

  • 三田そうすると、すごく責任が重い立場になりますよね。
  • 山下ある意味、裁判官みたいなものですから、責任はとても重いです。多くの経験と知識が必要と言われています。そのため、病理医になるには、医師免許を取った後、研修などを経て、さらに認定医となるための試験に受からなければなれません。しかも病理医の診断は経験によるところが大きいとされているため、受かった後も一人前になるまでにとても時間がかかるとされています。
  • 三田長い道のりを考えるだけでクラクラします…。
  • 山下それが影響してかどうかは分かりませんが、病理医は若手の方が少なくて、平均年齢が53歳ぐらいとも言われているんですね。また、5年以内に病理医が20%ほど常勤職から離れてしまうという話もあるくらいです。しかも病理の認定医は日本全体で2000人ほどしかおらず、この数字は全医師数の1%にも満たなく、他のお医者さんに比べてとても少ないんです。一方、現在がんの患者さんは増えていますから、病理医一人にかかる負担がどんどん増えていくと考えられているんですね。
  • 三田たくさん診るからといって、間違ってはいけませんしね。病理医って大変ですね。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る