ページの先頭です。
ここから本文です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC Information Square
  3. NEC発見チャンネル! MiTA TV
  4. 暮らしや社会を支えるソリューション
  5. 知られざる医療とICTの“今”
ここから本文です。

NEC発見チャンネル! MiTA TV

知られざる医療とICTの“今”! ~半世紀近く前から医療現場のシステム開発をはじめていたNEC

2013年3月6日

先日、ちょっと具合が悪くて近所の病院に行きました。以前は会計やお薬が出るまですごく時間がかかっていたので一日かかるかなあ、なんて思っていたら、今回はすごくスムーズで、思ったより早く帰ることができました。何が変わったんだろう?
調べてみると、ICTを導入することで患者サービスを向上させている病院がずいぶんと増えているようなのです。そして、ここでもNECの技術が使われているのだそう! それが「MegaOak(メガオーク)」と呼ばれる医療情報システムです。そしてそのメインシステムが、「MegaOakHR(メガオークエイチアール)」という電子カルテです。そこで今回は、NECのICT技術と医療の関係を探るべく、この「MegaOakHR」の担当者である清水さんにお話をうかがいました。

さらにこの電子カルテとネットワークを使って、地域医療連携を支える「ID-Link(アイディーリンク)」というネットワークサービスも広まりつつあるということで、こちらも、担当者である岡田さんに興味深いお話をお聞きしました!

お話を聞いた相手:清水 美枝子(しみず・みえこ)さん
NEC医療情報システム「MegaOak」の専門家。電子カルテの導入にたずさわるなど、ICTが医療現場に広がる様子を目の当たりにしてきた。現在は展示会などでのプロモーション活動を担当。

お話を聞いた相手:岡田 真一(おかだ・しんいち)さん
1984年の入社以来、医療畑一筋で奮闘。現在は、NECの地域医療連携ネットワークサービスである「ID-Link」を担当。医療連携に関する様々なプロジェクトで活躍している。

診療現場の負荷軽減のキモ、電子カルテ「MegaOakHR」

  • 三田こんにちは清水さん、岡田さん。はじめに清水さんにお聞きしたいのですが、まず「MegaOak(メガオーク)」がどういうものか教えてくださいますか?
  • 清水NECが病院向けに提供している医療情報システムの総称になります。
  • 三田総称ということは、いろいろな医療に関するシステムがあるということでしょうか?
  • 清水その通りです。電子カルテシステムを中心に、病院の診療報酬を計算するシステムや、病院の検査部や放射線部、栄養部といった様々な部門の業務を支援するシステムを開発しています。NECは、1966年から、病院の医療情報システム開発に取り組んできたんですよ。
  • 三田1966年といえば47年も前ですね。NECはそんな前から医療の世界にたずさわっていたんですね。
  • 清水あまりイメージがないようで、この話をするとみなさんびっくりされるようですね。「MegaOak」のオーク(Oak)は英語の「樫(かし)の木」のことです。ヨーロッパでは、樫の木には健康をつかさどる精霊が宿るという説もあるんですね。それで大きな樫の木のように、ICTによって医療を支えるお手伝いができれば、という意味をこめて名づけたんです。
  • 三田樫の木はどんぐりができる木ですね。ちょっとやさしい名前に感じてきました(笑)。ところで今回は、電子カルテのシステム「MegaOakHR(メガオークエイチアール)」について詳しくお聞きしたいのですが、これはたくさんある医療情報システムの中の一つ、ということでいいんでしょうか?
  • 清水はい。NECの医療情報システムを支える大きな柱の一つです。
  • 三田ではいよいよ電子カルテについて詳しくおうかがいします。まずそのものずばり、「電子カルテ」とはどういうものか教えてください。
  • 清水まずカルテとは、患者さんの病状や検査結果、投薬の記録などの診療記録を書きとめるものです。以前は紙のカルテが主流だったのですが、それを電子的に記録・保存できるようにしたのが「電子カルテ」というわけです。
  • 三田パソコンで診療記録を入力したり保存したりできるということですか?
  • 清水はい。また病院のデータベースに保存するので、お医者さんや看護師さんが患者さんの最新の診療記録を共有できるのです。話だけだと分かりづらいでしょうから、まずサンプル画面を見てみましょうか。

[拡大する]拡大する患者情報を素早く確認できる患者ポータル機能の画面(MegaOakHR)

  • 三田わー、なんだかすっきりと整理されていてすごく見やすいですね。あと、紙のカルテだと難しい言葉が手書きされていて読めないイメージがあるんですが、これならわたしでも読めます。
  • 清水そうですね。電子カルテを使うことでいろいろメリットがあるのですが、患者さん目線でみると、日本語になっていたり、レントゲン写真などの検査結果やグラフが電子カルテ上で見られたりするので、お医者さんからの説明が分かりやすくなるということがあります。
  • 三田会計やお薬が出るまでの時間が減ったことにも関係がありますか?
  • 清水はい、電子カルテは病院の会計システムと連動しているので、診療が終わって患者さんが窓口に到着する頃には、処方せんや請求書ができあがっています。患者さんの会計の待ち時間をぐんと短くすることができるんです。
  • 三田待ち時間が減るのは大歓迎です!
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る